[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】錦織の一撃がまさか… 全仏で生まれた珍場面に海外仰天「なんてマジカル」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は19年のテニス全仏オープンで起きた珍事だ。錦織圭(日清食品)が放ったショットからまさかの場面が生まれ、海外メディアで大きな話題を呼んだ。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―昨年の全仏OPで生まれた珍場面

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は19年のテニス全仏オープンで起きた珍事だ。錦織圭(日清食品)が放ったショットからまさかの場面が生まれ、海外メディアで大きな話題を呼んだ。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まさかの珍場面が生まれたのは、4回戦のブノワ・ペール(フランス)戦だった。日没サスペンデッドを挟み、2日間及んだ一戦。再開した第4セットで観客の視線は釘付けになった。

 第5ゲームの錦織のサービスからのラリー。前に出てきたペールのリターンがチャンスボールに。逃すまいとばかりに、錦織はチャージをかけ、渾身のショットを放つとペールのボディ付近へ。ラケットに当てて返そうとしたが、なんとボールがスロート部分にすっぽりハマってしまったのだ。

 なんとも珍しいシーンを、ATPツアーの公式ツイッターは「ブノワ・ペールがケイ・ニシコリを相手に回避行動」とつづり、動画付きで公開。また、ヤフースポーツのオーストラリア版も「『なんてマジカル』:稀に見る瞬間が全仏オープンを沸かす」と脚光を浴びせ、話題を呼ぶことになった。

 試合はフルセットの末にペールを破り、錦織が2年ぶり3度目の8強進出を決めた。現在はコロナ禍により、テニス界も試合が行えずにいるが、再開されれば、多くの名勝負でコートを沸かせてもらいたい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集