[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

もはや人間じゃない!? 名二塁手の急ブレーキ“エビぞり捕球”に米喝采「野獣だ」

米大リーグの優勝決定シリーズで二塁手が急ブレーキを踏みながら“エビぞり捕球”するスーパープレーが発生。MLB公式が動画付きで紹介すると、ファンから「野獣だ」と声が上がるなど、熱戦が盛り上がる米国で反響を呼んでいる。

カブス二塁手バエス、人間離れした美技に実況絶叫「ビューティフルキャッチだ」

 米大リーグの優勝決定シリーズで二塁手が急ブレーキを踏みながら“エビぞり捕球”するスーパープレーが発生。MLB公式が動画付きで紹介すると、ファンから「野獣だ」と声が上がるなど、熱戦が盛り上がる米国で反響を呼んでいる。

 その瞬間、全米のファンがこの男の動きに目を奪われた。人間離れしたスーパーキャッチを繰り出したのは、カブスの二塁手、ハビエル・バエス内野手だ。

 15日(日本時間16日)の第2戦、ドジャース戦。0-0で迎えた4回1死だった。左腕レスターの変化球を6番バーンズが打ち上げた。打球は一塁後方のファウルゾーン付近へ舞い上がった。これを真っ先に追ったのが一塁手リゾ。中継カメラもリゾを中心に追いかけたが、ボールが落下し始めた次の瞬間、急激に突進してきたのが、二塁手のバエスだった。

 ファウルゾーンが極端に狭いスタジアム。しかも、目の前で一塁手も追っていた。いったん目を切って状況を確認し、再び見上げると、一塁手の位置につられたのか、あるいは打球が押し戻されたのか、行き過ぎてしまった。落ちてきたのは右翼線付近。ファウルゾーンに突入しかけていたバエスは急ブレーキで捕球を試み、まるでエビぞりのような体勢のままキャッチしてみせた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集