[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁らに続くアジア人NBA選手誕生も 18歳“フィリピンの至宝”がGリーグ入り

米プロバスケットボール(NBA)入りが期待されるフィリピン出身のカイ・ソットが14日(日本時間15日)、大学ではなくGリーグ行きを選択したことを自身のインスタグラムで発表した。米メディアはソットについて「IQがとても高い」と紹介している。

カイ・ソットは、ウィザーズの八村塁らに続くアジア人NBA選手となれるか【写真:AP】
カイ・ソットは、ウィザーズの八村塁らに続くアジア人NBA選手となれるか【写真:AP】

219センチのカイ・ソット、米メディアは「IQがとても高い」と評価

 米プロバスケットボール(NBA)入りが期待されるフィリピン出身のカイ・ソットが14日(日本時間15日)、大学ではなくGリーグ行きを選択したことを自身のインスタグラムで発表した。米メディアはソットについて「IQがとても高い」と紹介している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

“フィリピンの至宝”がGリーグ入りする。昨年のFIBA(国際バスケットボール連盟)U19ワールドカップで活躍して注目を集めたソット。全米大学体育協会(NCAA)1部の大学か欧州プロチームへ加入すると予想されていたが、今年度の全米高校トップ選手と評されるジェイレン・グリーンなどとともにGリーグの「プロフェッショナル・パスウェイ・プログラム」に加わることを選択したという。

「プロフェッショナル・パスウェイ・プログラム」は有望な若手選手が対象の育成プログラム。NBA球団とは提携していないGリーグのチームで1年間指導を受け、NBA入りを目指すものだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」のNBAドラフトアナリスト、ジョナサン・ギボニ氏はソットについて「技術的に優れており、バスケットボールIQも高い」とコメント。219センチの長身ながらパスも得意とし、多彩なシュートパターンを持つソットを評価した。

 ソット自身は同局中国版のインタビューに対し、「オフェンス面は優れているものの、ディフェンス面を改善したい」と話すとともに、「ショットブロックは良いが、ボール保持者に対するディフェンスが良くならないと。現在のバスケットボールは以前よりもずっと展開が速いから」と冷静に自身の課題を分析したようだ。

 バスケットボール人気の高いフィリピンだが、NBAでプレーした選手は未だにいない。昨年のドラフトで日本人史上初の1巡目指名を受け、1年目からウィザーズで活躍している八村塁らに続くアジア人選手となれるか。ソットにかかる期待は大きそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集