[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ベッテルの穴は誰が埋める? 米メディアが予想するフェラーリの新ドライバーとは

F1のフェラーリは、同チームに所属するセバスチャン・ベッテルが、今季2020年シーズン限りでチームから去ることを12日(日本時間13日)に発表した。米メディアは早くもベッテルの後釜候補を予想している。

セバスチャン・ベッテル【写真:Getty Images】
セバスチャン・ベッテル【写真:Getty Images】

今季限りでチームを去るベッテル、米ESPNが後釜候補を予想

 F1のフェラーリは、同チームに所属するセバスチャン・ベッテルが、今季2020年シーズン限りでチームから去ることを12日(日本時間13日)に発表した。米メディアは早くもベッテルの後釜候補を予想している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 新型コロナの影響で中断中のF1にビッグニュースが舞い込んだ。2010年に史上最年少ドライバーズチャンピオンに輝き、そこから4年連続で同賞を獲得したベッテルが、フェラーリと袂を分かつ。米大手スポーツ専門局「ESPN」は、「フェラーリにおけるベッテルの後釜候補を評価」と題した記事で、早くもベッテルの後釜候補を予想。最有力候補には現ルノーのダニエル・リカルドを上げた。

「イタリア人ハーフでカリスマ性があり、優勝経験も持っている。そして現在苦戦しているチームでドライバーを務めているとくれば、彼はベッテルの後釜候補として全ての項目を満たしている」

 このようにリカルドを評価した一方、懸念材料として、現在30歳のリカルドがドライバーとして旬を迎えている中で、2024年までシャルル・ルクレールにコミットしているフェラーリが仕事に従順な2番手ドライバーを探しているとすれば、それはリカルド向きではないとしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集