[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥との死闘は「最も困難な一戦」 ドネアが46戦中No.1に選出「私は根性示せた」

ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)はプロ46戦のキャリアで数々の実力者と対峙してきたが、「最も困難な戦い」としてWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との一戦を挙げている。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

ノニト・ドネア(左)と井上尚弥【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア(左)と井上尚弥【写真:Getty Images】

ドネアが井上尚弥との激闘を回顧「名勝負の一つになったと思う」

 ボクシングの元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)はプロ46戦のキャリアで数々の実力者と対峙してきたが、「最も困難な戦い」としてWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)との一戦を挙げている。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 同局は「私の最も困難な戦いとリング上で最も満ち足りた瞬間」との見出しで記事を掲載。IBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)らとともに、ドネアの言葉が登場している。数々の強敵と対戦してきたフィリピンの閃光は「キャリアで最も困難な一戦」で選んだのは、昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で激突した井上戦だった。

「ナオヤ・イノウエとの私の最近の試合だ。凄まじいタフさ、根性、ありとあらゆるものを私は示せたと思う」

 下馬評では井上優位の声が多かったが、ドネアはレジェンドたる所以を示した。2回に閃光の左フックを被弾させると、井上はボクサー人生初の流血。鼻骨と眼窩底骨折などキャリア最大のダメージとなった。ドネアは敗れたものの、判定まで持ち込んで死闘を演じた。

「彼ほどのパワーで(パンチを)被弾したが、立ち上がって、全てを出し尽くした。名勝負の一つになったと思っているんだ」

 ドネアは11回に左ボディーでダウンを喫したが、不屈の闘志で立ち上がった。各国メディアで2019年の年間最高試合に選出された伝説の一戦。ビック・ダルチニアン、フェルナンド・モンティエル、西岡利晃など、多くのボクサーと闘ってきた37歳のレジェンドにとって、井上戦はキャリアで最も難しかった一戦のようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集