[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

剛速球は必要ない― アストロズ左腕が140キロ台の“魔球”で幻惑の奪三振ショー

米大リーグはリーグ優勝決定シリーズがスタートした。アストロズのダラス・カイケル投手は絶品のツーシームとスライダーで奪三振ショーを展開。MLB公式ツイッターが「始まりから終わりまで、カイケルは完璧」とツイッターに動画付きで紹介すると、“魔球”に反響が広がっている。

エースのカイケルがツーシームとスライダーの合わせ技で10奪三振の快投

 米大リーグはリーグ優勝決定シリーズがスタートした。アストロズのダラス・カイケル投手は絶品のツーシームとスライダーで奪三振ショーを展開。MLB公式ツイッターが「始まりから終わりまで、カイケルは完璧」とツイッターに動画付きで紹介すると、“魔球”に反響が広がっている。

ヤンキースの田中将大投手を上回る快投だった。13日(日本時間14日)のア・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)第1戦。1回に先頭打者を空振り三振に打ち取ると、奪三振ショーが“開演”。打者の手元で微妙に変化ツーシームと鋭いスライダーを武器に、ヤンキースの強打者たちのバットが次々と空を切っていく。4回に味方から2点の援護をもらうと、勢いはさらに加速。7回までに10奪三振を奪って無失点でマウンドを降り、2-1の勝利に貢献した。

 メジャーと言えば、160キロを超える速球が醍醐味のひとつだが、カイケルの球速は140キロ台。それでも、「野球は球速じゃない」と言わんばかりに、コースを突いた変化球とのコンビネーションで相手打者を幻惑させた。MLB公式ツイッターは「始まりから終わりまで、カイケルは完璧」と速報し、全10奪三振の模様を収めた動画を公開した。

 MLBの動画紹介サイト「Cut4」でも「ダラス・カイケルがリーグ優勝決定シリーズ第1戦で圧倒的な90マイルの2シームを披露」と29歳左腕の快投を特集している。記事では、「野球ファン、スカウト、フロントオフィスの面々は球速が大好きだ。もし100マイルか100マイル以下のどちらかを選ぶことになれば、100マイルを選ぶだろう」と書き出しつつも、「しかし、2-1でアストロズが勝利したア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦で、球速が成功の前提条件ではないことを証明した」とカイケルの投球にスポットライトを当てた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集