[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

剛速球は必要ない― アストロズ左腕が140キロ台の“魔球”で幻惑の奪三振ショー

ヤンキースを沈黙させる快投にMLBも脱帽「彼に剛速球は必要ではなかった」

「髭を蓄えたサウスポーは徹底的にストライクゾーンの低めをつき、7イニングを無失点に抑えた。コーナーに決まる2シームに打者は面食らっていた。2シームだけじゃない。カイケルはスライダーも駆使した。(打者は)スイングを試みても結果は伴わない」

 アストロズのエースは、今季は23試合に登板して14勝5敗だったが、レギュラーシーズンでは2桁奪三振のゲームはゼロ。リーグ優勝決定シリーズの大舞台で最高のパフォーマンスを披露し、MLB公式サイトは「彼に剛速球は必要ではなかった」と記している。

 “奇跡の3連勝”で勝ち上がってきたヤンキースの勢いを止めるには、完璧なまでの奪三振ショーだった。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集