[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

柔道家ビロディドは美しいだけじゃない 71秒間の“懸垂動画”に反響「怪物モードだ!」

柔道女子48キロ級の世界女王ダリア・ビロディド(ウクライナ)が自身のインスタグラムを更新。外出自粛下で、室内で挑戦したチャレンジ動画が反響を呼んでいる。71秒間で懸垂67回を記録するという、顔に似合わぬパワフルな姿がファンの驚きを誘っている。

ダリア・ビロディド【写真:Getty Images】
ダリア・ビロディド【写真:Getty Images】

自宅で懸垂チャレンジ、71秒間で67回というマッチョぶりに反響

 柔道女子48キロ級の世界女王ダリア・ビロディド(ウクライナ)が自身のインスタグラムを更新。外出自粛下で、室内で挑戦したチャレンジ動画が反響を呼んでいる。71秒間で懸垂67回を記録するという、顔に似合わぬパワフルな姿がファンの驚きを誘っている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 美しく、そして力強い。ビロディドが挑戦したのは懸垂チャレンジ。黄色と黒のトレーニングウェアに身を包んだ19歳の美人柔道家は両手をバーにかけると、ものすごい勢いで懸垂を繰り返していく。腕の力だけで自身の体を何度も引き上げるビロディド。10回、20回、30回……。最後のほうは苦しそうだが、力を振り絞り、記録はなんと67回だった。

 強さの源が垣間見える71秒間に「私の記録は67。私にタグをつけてみんなの記録も教えて」と添えて投稿。するとファンからは驚きの声が続々と上がっている。

「Youはクレイジーなのかい?」
「ワーオゥ」
「ファンタスティック」
「アメージング!」
「強すぎ」
「チャンピオン」
「本当に強い。すごいモチベーションになるね」
「怪物モードだ!」
「最高!!」
「ファアアアアア? 自分はせいぜい10回だ」

 来年に延期となった東京五輪でも、48キロ級の最有力候補に挙がるビロディド。美しく、強い姿への注目度は日々増している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集