[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の技術はロマチェンコより断然上 殿堂入り元王者「私はこの青年を愛してる」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、25日(日本時間26日)に米ラスベガスで予定されていたWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となったが、その評価は絶大。伝説の3階級制覇王者はライト級3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)より上と断言。「ロマが勝っているのはウェートだけ」と語り、井上に絶大な評価を与えている。米メディア「スポルティングニュース」が報じている。

井上尚弥(左)とワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】
井上尚弥(左)とワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】

往年の3階級制覇王者フェネック「彼のスキルはロマを圧倒的に引き離している」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、25日(日本時間26日)に米ラスベガスで予定されていたWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となったが、その評価は絶大。伝説の3階級制覇王者はライト級3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)より上と断言。「ロマが勝っているのはウェートだけ」と語り、井上に絶大な評価を与えている。米メディア「スポルティングニュース」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 バンタム、スーパーバンタム、フェザー級の3階級で世界王者に君臨し、世界ボクシング殿堂にも選ばれているジェフ・フェネック(オーストラリア)は現役時代に「マリックビルの誘導弾」というニックネームで人気を博した伝説のハードパンチャー。引退後も元ヘビー級世界王者マイク・タイソンのトレーナーを務めるなど、活躍を続けている。

 記事によると、そんなレジェンドが現在のボクシング界の状況を分析。パウンド・フォー・パウンド(PFP)候補は2人しか存在しないと断言している。

「世界最高のPFPのファイターについて、テレンス・バド・クロフォードとイノウエになると私は見ている」

 かつてのスーパーライト級4団体統一王者で、WBOウェルター級世界王者のクロフォード(米国)とともに日本の誇るモンスターをPFPの双璧として評価。リング誌ではPFPトップに4団体統一王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)、2位には3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が選出されているが、フェネックの意見は違った。

「彼(イノウエ)はプロとしてのスキルで見れば、ロマチェンコを圧倒的に引き離している」

「精密機械」の異名で知られるロマチェンコだが、スキル的には井上が格上と断言。「私はいつだってロマチェンコよりもイノウエを見てきた。ロマチェンコが唯一優っているのは、戦っている階級が上という部分。その分だけ、ちょっとお金があるということ。しかし、純粋な格、そして、スキルという議論なら、私はこの青年を愛しているんだ」とまで言い切ったという。

 PFP最強の評価もあるロマチェンコと比較しても、井上の方が「上」と、伝説の3階級王者は評価していた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集