[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

広がる“ウチムラロス”の波紋 海外メディアも悪夢の棄権を悲嘆「カリスマを失った」

「キング・コウヘイ」と呼ばれる絶対王者の離脱を受け、「モントリオールはカリスマを失った」と大会に与えるダメージを嘆く声も挙がるなど、衝撃は世界に広がっている。

「キング・コウヘイ」を襲った悲劇…跳馬で左足首を痛め、まさかの途中棄権

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は2日(日本時間3日)、個人総合6連覇中だった内村航平(リンガーハット)にまさかのアクシデントが起きた。2種目の跳馬で着地の際に左足を痛め、途中棄権。「キング・コウヘイ」と呼ばれる絶対王者の離脱を受け、「モントリオールはカリスマを失った」と大会に与えるダメージを嘆く声も挙がるなど、衝撃は世界に広がっている。

 1976オリンピックスタジアムで“悪夢”が起きた。2種目めの跳馬、内村は側転から後ろ向きに踏み切ると、華麗に宙を舞った。大技のリ・シャオペン。着地で何とか踏みとどまったかに見えたが、審判に一礼すると、左足首を押さえ、足を引きずりながら引き上げた。

 続く並行棒はなんとか演技を続けたが、4種目めの鉄棒の練習を終えたところで棄権を決断した。

 内村を襲った悲劇は、日本のみならず海外メディアにも衝撃を与えた。「ウチムラ伝説の拡大を故障が邪魔した」と特集したのは、スペイン紙「ラ・ヴァングアルディア」電子版だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集