[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、彼は退場になったのか 世界的名門DFが“勘違い”の悲劇「史上最も摩訶不思議」

サッカー・フランスリーグの世界的名門クラブのDFが、主審の“勘違い”により退場処分を受ける悲劇が発生。決定的瞬間を捉えた画像を海外メディアが紹介し、「不憫で残酷すぎる退場」「史上最も摩訶不思議な退場」と波紋を呼んでいる。

フランス1部リヨンDFマルセロにまさかの事態…海外メディア「不憫で残酷すぎる退場」

 サッカー・フランスリーグの世界的名門クラブのDFが、主審の“勘違い”により退場処分を受ける悲劇が発生。決定的瞬間を捉えた画像を海外メディアが紹介し、「不憫で残酷すぎる退場」「史上最も摩訶不思議な退場」と波紋を呼んでいる。

 まさかのシーンだった。悲劇の主人公になってしまったのは、リヨンDFマルセロ・アントニオだ。

 1日に行われたリーグ・アン第8節のアンジェ戦。後半5分、ペナルティエリア付近で相手選手を倒したマルセロは、主審にイエローカードを提示された。判定に不満だったのか、「なぜ?」といった表情で両手を広げ、感情をあらわにした。しかし、次の瞬間、まさかの事態が起こる。

 マルセロが上げた左手と主審がカートを持って下ろした右手が当たってしまい、カードはひらひらと舞ってピッチへ。明らかに偶発的に起きてしまったように見えるが、主審は故意と思ったのか、落ちたカードに一瞥すると、あろうことか右ポケットに手を突っ込み、今度はレッドカードを提示した。

 予期せぬ展開に当然、マルセロは両手を振って故意じゃないと猛抗議。周囲のチームメートは頭を抱え、呆然とした様子だった。

 リヨンは2001年からリーグ7連覇を達成した世界的名門。そんなクラブで起きたあまりに不憫なシーンに海外メディアもこぞって特集している。

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集