[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

13歳ワリエワは「ロシアの若き天才」 世界ジュニア圧勝を海外メディア続々称賛

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者、13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が152.38点、合計227.30点で圧勝。海外メディアも「ロシアの若き天才」「精巧なスピンとフットワーク」などと称賛している。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

ロシアの次世代の逸材が圧勝、IUS公式サイト「精巧なスピンとフットワーク」

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者、13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が152.38点、合計227.30点で圧勝。海外メディアも「ロシアの若き天才」「精巧なスピンとフットワーク」などと称賛している。

【PR】高校駅伝26年ぶり男女日本一の仙台育英 “名門復活”を叶えたコンディション作り

 ロシアの次なるスター候補は、この13歳だ。ワリエワは冒頭の4回転トウループは着氷にミスがあったが、続く4回転―2回転の連続トウループは綺麗に決めた。以降は長い手足から高いジャンプを次々に繰り出し、着氷。ステップ、スピンもオールレベル4を獲得するなど、ジュニア離れした演技レベルで圧勝を飾った。

 海外メディアも高く評価した。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「エテリ・トゥトベリーゼ門下生のロシアの若き天才」と評した上で「カミラ・ワリエワがタリンで開催された世界ジュニア選手権でデビュー、同大会女子シングルを制した」と大会デビュー戦で優勝したことをレポートした。

 国際スケート連盟(ISU)も公式サイトで演技をレポート。「13歳のワリエワは最初の4回転トウループの着氷こそステップアウトしたものの、その後すぐさま修正。精巧なスピンとフットワークでレベル4を獲得した」とジャンプだけじゃないワリエワの技術力の高さを特筆していた。

 平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ、目下の女子を席巻するアリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トルソワといったトップ選手と同じトゥトベリーゼ氏に師事する13歳。今季からジュニアに上がったばかりだったが、ジュニアGPファイナルと合わせ、ジュニア2冠も達成した。

 15歳で迎える22年北京五輪は出場できる年齢。目下、「天才3人娘」が牽引しているが、ワリエワが2年後に中心選手となっている可能性は十分にある。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集