[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫傑の日本新を生んだ、井上大仁の“攻め” 瀬古利彦氏「井上がいて大迫の記録に」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を21秒更新し、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。試合後の会見では、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが大迫の記録樹立を称えつつ、その裏に井上大仁(MHPS)の健闘があったことを強調した。

26位に終わった井上大仁【写真:荒川祐史】
26位に終わった井上大仁【写真:荒川祐史】

30キロ過ぎまで引っ張ったから生まれた新記録

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を21秒更新し、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。試合後の会見では、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが大迫の記録樹立を称えつつ、その裏に井上大仁(MHPS)の健闘があったことを強調した。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 大迫か、設楽悠太か。過去の実績からBIG3では3番手と見られていた井上が、レース序盤から飛び出した。1キロ2分55秒のペースメーカーが引っ張る第1集団に食らいつく。積極的な走りを見せると、日本人トップで五輪争いを牽引。中間点は日本記録を1分以上も上回るスピードで通過した。しかし、25キロ過ぎに先頭から徐々に離され、32キロ付近で大迫に捉えられた。

 苦しそうな表情を浮かべ、大迫の背中を見送っていく。突き放され、力尽きた。「攻めの走りをしたい」とレース前に宣言していた通りの力走。しかし、夢の東京五輪は逃げていった。2時間9分34秒の26位。戦いは終わった。

 東京五輪への“最終決戦”と目されていた勝負の場。敗れはしたが、瀬古氏の井上に対する評価は高かった。「レゲセ選手についていけたのは、井上選手だけ。30キロ過ぎまで井上君がいたことが、今回の大迫君の記録につながったと思っている」と代表争いを牽引したことを強調した。さらに「今後のびわ湖毎日マラソン、名古屋ウィメンズマラソンにつながっていくはず」と大迫、井上ら日本人選手が見せた勢いが次週のレースに繋がることを期待した。

 レース直後、取材エリアに現れた井上は言葉を並べた。「今日はやれることはやったので。まぁ、最後はひどかったですけど。後悔はしてないです」。走り切った表情には清々しさが浮かんでいた。

(THE ANSWER編集部・山内 亮治 / Ryoji Yamauchi)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集