[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

THE ANSWER編集部・山内 亮治の記事一覧

  • 大迫傑の日本新を生んだ、井上大仁の“攻め” 瀬古利彦氏「井上がいて大迫の記録に」

    2020.03.01

    残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュした。自らが持つ日本記録を21秒更新し、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ男子第2戦で東京五輪代表に大きく前進。試合後の会見では、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが大迫の記録樹立を称えつつ、その裏に井上大仁(MHPS)の健闘があったことを強調した。

  • 神野大地、39位完敗もマラソン挑戦継続を明言「半歩ずつ成長した先に次の五輪も…」

    2020.03.01

    残り1枠の東京五輪代表切符を争う東京マラソンが1日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42・195キロで行われ、日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)が日本人トップとなる2時間5分29秒の4位でフィニッシュ。代表3枠目に大きく前進した一方で、東京五輪を目指してきた神野大地(セルソース)は2時間12分11秒で39位に終わった。箱根駅伝を沸かせた「3代目・山の神」は2018年春にプロ転向。マラソン挑戦の道は続くことを明言した。

  • 神野大地、東京五輪へのラストチャンス 最低条件“大迫超え”へ描くプランは後半勝負

    2020.02.28

    3月1日に行われる東京マラソンの会見が28日、都内で行われた。東京五輪男子代表の3人目を選考するMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジの第2戦。日本記録保持者・大迫傑(ナイキ)、前保持者・設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)を中心とした残り1枠を懸けた争いが予想されるが、会見には「3代目・山の神」神野大地(セルソース)も出席し、大会に向けた意気込みを語った。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集