[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が将来像を語る 現役は「35歳」が区切り「そこがボクサーとしての終わり」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が26日、都内で俳優の藤原竜也と対談した。4月25日(日本時間26日)には、米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を予定。4月に27歳となるモンスターは、ボクサーとして描く最終目的地が「35歳」にあることを明かした。

井上尚弥(左)は俳優の藤原竜也と対談した【写真:浜田洋平】
井上尚弥(左)は俳優の藤原竜也と対談した【写真:浜田洋平】

俳優・藤原竜也と対談、小学1年から始めたボクシングは35歳が区切りか

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が26日、都内で俳優の藤原竜也と対談した。4月25日(日本時間26日)には、米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を予定。4月に27歳となるモンスターは、ボクサーとして描く最終目的地が「35歳」にあることを明かした。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 初対面となった井上と藤原。「僕は一方的に知っている。画面越しで応援しています。スーパーヒーローです」とファンであることを語った藤原に対し、井上も「僕も一方的に知っています。デスノートとかカイジも見ていたので、お会いできて光栄です」と過去の出演作品を見ていたことを明かした。

 ボクサーと役者の共通点などを語り合い、話題はそれぞれの最終目的地の話に。初のラスベガス上陸となり、これから未来を切り拓いていく井上はこう語った。

「ボクサーの最終目的地としては、ゴールは35歳。それはボクサーとしてどこがピークになるか、今のトレーニング方法だったり、食事なり、サポートだったり、35歳まではピークで持っていけると思う。自分のパフォーマンスが落ちてまでやりたいとは思っていないので。

 35歳になった時に小学1年生からやってきたボクシングを『やってきてよかったな』と思えるボクサー生活だったらいいなと思っています。そこをボクサーとしての終わりだと決めてますね」

 これから何が起きるかわからない。35歳になって気持ちが変わるかもしれないが、ひとまずまだ約8年が残されている。井上の青写真に対し、藤原が「今から突き進むわけですよね。チャンピオンみたいに勝ち続ける大変さ、トップを走る孤独もありますよね」と真摯に受け止めると、井上は「勝てば勝つほど終わりがない。期待もされるし、そこに打ち勝つ精神力もいるし。それをあと8年頑張ろうかなと思います」と先を見据えた。

 試合はWOWOWで放送される。日本人初の3団体統一戦に向けて、井上は「ラスベガスデビュー戦。インパクトのあるものを残したい。KO勝ちを見せられれば」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集