[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陥落ワイルダー、陣営のタオル投入に不満爆発 劣勢も「想定内のケースだった」と主張

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。まさかの王者陥落を巡っては、陣営のタオル投げの早さに対して賛否の声が一部で上がっているが、ワイルダー自身もタオル投入に納得していないようだ。

デオンテイ・ワイルダーはタイソン・フューリーに敗れた【写真:AP】
デオンテイ・ワイルダーはタイソン・フューリーに敗れた【写真:AP】

自身のトレーナーが敵陣営に惑わされたと主張「タオルを投げろと叫んでいた」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)に7回1分39秒TKO負けを喫した王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。引き分けに終わった2018年12月以来の“世紀の再戦”に敗れ、44戦目でプロ初黒星となった。まさかの王者陥落を巡っては、陣営のタオル投げの早さに対して賛否の声が一部で上がっているが、ワイルダー自身もタオル投入に納得していないようだ。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 衝撃の初黒星にショックは大きいようだ。TKO負けした一戦を振り返るワイルダーの言葉を伝えているのは、米専門メディア「ボクシングシーン.com」だ。記事によると、ワイルダーは自身のトレーナーのマーク・ブリーランド氏がタオルを投入したことに不満をあらわにしているという。

 同メディアによると、ワイルダーは自身の陣営の近くに座っていたアンソニー・ディレルが繰り返し試合を止めるように叫んでいたことに惑わされて、ブリーランド氏がタオルを投入してしまったのではないか、という疑念を抱いているという。

 ディレルは元WBC世界スーパーミドル級王者。フューリーのヘッドトレーナーである「シュガー・ヒル」ことジャバン・スチュアートに指導を受けていた選手であり、いわば敵陣営に近い存在だ。ワイルダーは、同メディアのインタビューで包み隠さずに不満を語っている。

「相手チームに影響された。(ディレルは)相手チームのトレーナーに指導されていた男だ。ブリ―ランドはディレルに惑わされてしまった。ディレルは叫んでいたんだ。『タオルを投げろ! いいぞフューリー!』とね。ディレルはフューリーのトレーナーと共に戦っていた男だぞ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集