[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

殿堂入りジーター氏 デビュー戦ユニフォームに4000万円、CNN「現代野球で最高の価値」

米大リーグで5度の世界一を達成するなど数々の伝説を打ち立て、ヤンキース一筋で20年を過ごした元主将のデレク・ジーター氏のメジャー初出場の試合で着用したユニフォームが米ゴールデン・オークションにて出品されたのだが、22日(日本時間23日)に36万9000ドル(約4090万円)の破格の値段で落札され、話題となっている。

1995年のデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】
1995年のデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

95年のMLBデビュー戦で実際に着用したユニフォームが破格の値段で落札

 米大リーグで5度の世界一を達成するなど数々の伝説を打ち立て、ヤンキース一筋で20年を過ごした元主将のデレク・ジーター氏のメジャー初出場の試合で着用したユニフォームが米ゴールデン・オークションにて出品されたのだが、22日(日本時間23日)に36万9000ドル(約4090万円)の破格の値段で落札され、話題となっている。

【特集】「金メダルで恩返しを」 ソフトボール界の天才打者が持ち続けた想い / ソフトボール・山田恵里インタビュー(GROWINGへ)

 ジーター氏は先月21日に殿堂入り。マリアノ・リベラ氏以来史上2人目の満票獲得が期待されていたが、わずか1票届かなかった。それでもジーター氏の実績と人気の高さを改めて実感した結果となった。日本でも松井秀喜氏やイチロー氏とヤンキースで共にプレーし、馴染みの深い選手である。

 この殿堂入りのタイミングで米ゴールデン・オークションに出品されたジーター氏のプロ初出場時のユニフォームが22日(同23日)に36万9000ドル(約4090万円)で落札された。このユニフォームはジーター氏が1995年5月29日のシアトル・マリナーズ戦で着用していたユニフォームで、胸元にはジーター氏によるサインと「game used 5-29・95 MLB Debut」のインスクリプションが直筆で記されたものとなっている。

 この出来事に米放送局「CNN」も「デレク・ジーターの初出場のユニフォームが36万9000ドルで売却された、現代野球で最も価値があるユニフォーム」と報じるなど、現地でも注目を集めている。

 通算で3465安打。世界中の野球ファンに驚きを与え続けたジーター氏だったが、今回も桁違いな「落札額」を生み出し、またもファンを驚かせることとなった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集