[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米高校生が試合続行不能の“ゴール破壊ダンク”炸裂 ファン衝撃「誰か彼と契約して」

米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは15日(日本時間16日)、恒例の「AT&Tスラムダンク」が行われ、ヒートのデリック・ジョーンズJr.が初優勝。トップ選手たちのド迫力なダンクに酔いしれたが、一方で1人の高校生が決めた“ゴール破壊ダンク”が話題を呼んでいる。激しく叩きつけた一撃にバックボードが粉砕。リングも取れてしまった。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開し、「誰か彼と契約してくれ」「この後どうなったの?」とファンに衝撃が走っている。

米高校生がゴール破壊ダンクを炸裂(写真は「スポーツセンター」公式インスタグラムより)
米高校生がゴール破壊ダンクを炸裂(写真は「スポーツセンター」公式インスタグラムより)

高校バスケの試合でボードは粉々、試合続行不能に…

 米プロバスケットボール(NBA)オールスター・ウィークエンドは15日(日本時間16日)、恒例の「AT&Tスラムダンク」が行われ、ヒートのデリック・ジョーンズJr.が初優勝。トップ選手たちのド迫力なダンクに酔いしれたが、一方で1人の高校生が決めた“ゴール破壊ダンク”が話題を呼んでいる。激しく叩きつけた一撃にバックボードが粉砕。リングも取れてしまった。実際のシーンを米メディアが動画付きで公開し、「誰か彼と契約してくれ」「この後どうなったの?」とファンに衝撃が走っている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 1人の高校生が決めたダンクが話題となっている。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式インスタグラムは1本の動画を公開した。カウンターからパスを受け、独走したグレーのユニホームの選手。右サイドから勢い良く踏み切って跳び上がると、ボールを持った腕を体の後ろから振り回すようにして、最後は左手一本でリングに叩きつけた。次の瞬間だ。

「ガンッ」という破壊音とともにバックボードが一瞬にしてヒビが走って粉々に。しかも、リングの根元部分は完全に壊れて穴が空き、かろうじてぶら下がる無残な光景になってしまった。体育館には悲鳴にも似たどよめきが起こり、騒然とした空気に。選手たちも頭を抱えて呆然と見つめるばかりだった。

 米スポーツ専門メディア「247スポーツ」によると、試合は14日に行われた高校バスケの試合。ゴール破壊を演じたのは、ノースウェスト・ギルフォード高のクリス・ハンプトンという。「スポーツセンター」は「彼はバックボードを破壊した」との文面で実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにした米ファンも度肝を抜かれている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集