[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

王者リゴンドー、「2-1判定勝ち」に米記者疑問視「1人が相手勝利?どういうこと?」

ボクシングの元WBAスーパー&WBO世界スーパーバンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は8日(日本時間9日)、米ペンシルバニア州アレンタウンで行われたWBA世界バンタム級正規王座決定戦でリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と激突。2-1の判定勝ちで2階級制覇を達成したが、米名物記者はソリス勝利と判定したジャッジに「どういうことだ?」と疑問を呈している。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:Getty Images】

ソリス戦のスプリットディシジョンに問題提起「どういうことなんだ?」

 ボクシングの元WBAスーパー&WBO世界スーパーバンタム級統一王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は8日(日本時間9日)、米ペンシルバニア州アレンタウンで行われたWBA世界バンタム級正規王座決定戦でリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と激突。2-1の判定勝ちで2階級制覇を達成したが、米名物記者はソリス勝利と判定したジャッジに「どういうことだ?」と疑問を呈している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 ブーイングもお構い無しだった。初回に接近戦に挑んだリゴンドー。いきなりソリスの強烈な左を被弾すると、本来のスタイルに軌道修正した。カウンター狙いを徹底。7回に強烈な左の一撃でダウンを奪ったが、追撃せず。会場にブーイングが沸き起こる中、試合を鉄壁の技術でコントロールし、ソリスに追撃の機会を与えなかった。

 判定は115-112、112-115、116-111。スプリットディシジョンでWBA正規王者となったが、この判定に苦言を呈したのは米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチックス」のマイク・コッピンガー記者だった。

 自身のツイッターで「ジャッジ1人がリボリオ・ソリス勝利と採点? どういうことなんだ?」と問題提起。3-0でリゴンドー勝利こそ妥当と主張した。

「ギジェルモ・リゴンドーは39歳で明らかに全盛期を過ぎているが、依然として強打をまとめてくる。ソリスをダウンさせ、他の場面でも痛めつけた。そして、ジャブで試合をコントロールした。ウーバーリとドネア戦の勝者とリゴの対戦を118ポンド(バンタム級)で見たい」

 コッピンガー記者は実力健在のジャッカルの異名で知られる名手を高く評価。WBC世界バンタム級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)と元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)の勝者との対決実現を心待ちにしていた。

 スーパーバンタムの覇者だったリゴンドーは13年4月にドネアと統一戦で対決。圧勝していた過去もある。WBAスーパー王者の井上尚弥(大橋)との対決を熱望していたリゴンドー、次はWBCのベルトを狙いに行くのか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集