[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「自分たちが弱くなったわけじゃない」 女王タカマツが闘った“不安”と“進化”

期待に応えたのは、やはり五輪女王の「タカマツ」ペアだった。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は24日に東京体育館で最終日を迎え、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が決勝で韓国ペアを破り、3年ぶり2度目の優勝を飾った。

ヨネックスOP3年ぶりV、下降線の不安払拭「簡単に勝てるわけないと吹っ切れた」

 期待に応えたのは、やはり五輪女王の「タカマツ」ペアだった。バドミントンの国際大会BWFスーパーシリーズ第8戦「ダイハツヨネックスジャパンオープン2017」は24日に東京体育館で最終日を迎え、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が決勝で韓国ペアを破り、3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 第1ゲームは、13-12とリードした場面から4連続失点を喫して13-16と中盤で逆転を許したが、14-17からは6連続得点で突き放して21-18でゲームを取り切った。第2ゲームは点差を詰められる場面はあったが、終始リードを保って21-16。ストレートで勝利を収めた。日本勢は、男子ダブルス、混合ダブルスも決勝に進んだが敗退。昨夏にリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した高橋、松友の「タカマツ」ペアが日本勢で唯一、優勝した。

 昨夏のリオ五輪を制した後は、休みが少なくなり、モチベーションを再燃させるのにも苦労した。それでも、技術、戦術の追及は怠らず、それぞれに課題の克服に努めて来た。高橋は「今日は、相手の位置をよく見ることができた。敗れたペアは、若い選手の力強い球を甘く返してキム・ハナ選手に決められることが多かったと思う。それを読んで、私は力があるからクロスに振ろうとしたし、松友が力で返そうとすると甘くなるから、松友はネット前に落として前に入る形でやるということが徹底できていた」と勝因を語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集