[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が2年連続年間MVP 最高試合賞と2冠、技能賞に井岡一翔、殊勲賞に村田諒太

ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞に輝いた。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちした激闘が年間最高試合(世界戦)に選出。井上はKO賞を獲得した18年度に続く2冠となった。

欠席した井上に代わって表彰状を受け取る大橋会長(左)【写真:石渡史暁】
欠席した井上に代わって表彰状を受け取る大橋会長(左)【写真:石渡史暁】

井上尚弥が国内2冠、ドネア戦が最高試合賞

 ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞に輝いた。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちした激闘が年間最高試合(世界戦)に選出。井上はKO賞を獲得した18年度に続く2冠となった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 最優秀選手を巡っては、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)、WBO世界フライ級王者(1月31日に返上)・田中恒成(畑中)と井上の4人が候補だった。井上は昨年5月のWBSS準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回TKO勝ちするなど、国内のみならず世界にも衝撃を与えていた。

 表彰式は発熱による体調不良で欠席。2日から走り込み中心のグアム合宿に出発し、6日に帰国していた。なお、井岡も諸事情によりこの日は欠席となった。

 技能賞は6月に4階級制覇、大晦日に初防衛を果たした井岡が受賞。殊勲賞は7月にロブ・ブラント(米国)との再戦で王座を奪還し、12月に初防衛に成功した村田が選ばれた。ともに初受賞となり、村田はKO賞との2冠。昨年に現役引退した元WBAスーパー&IBF世界ライトフライ級統一王者・田口良一らが特別賞に選ばれた。

≪表彰選手一覧≫
【プロ男子の部】
☆最優秀選手賞 井上、2年連続3度目

☆技能賞 井岡、初

☆殊勲賞 村田、初

☆努力・敢闘賞 日本ウエルター級王者・永野祐樹(帝拳)、初

☆KO賞 村田、初

☆新鋭賞 前日本フライ級王者・中谷潤人(M.T)、初

☆年間最高試合賞(世界戦) WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦(11月7日、さいたまスーパーアリーナ)、井上―ドネア、※大橋プロモーション

☆年間最高試合賞(世界戦以外) WBOアジアパシフィックウエルター級王座決定戦(12月8日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)、矢田良太(グリーンツダ)―別府優樹(久留米櫛間&別府優樹)、※グリーンツダプロモーション

☆優秀選手賞 井岡、井上、IBF世界スーパーバンタム級暫定王者・岩佐亮佑(セレス)、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)、田中、WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)、村田

【プロ女子の部】
☆最優秀選手賞 WBO女子世界ライトフライ級王者・天海ツナミ(山木)、2年連続2回目

☆年間最高試合賞 WBA女子世界フライ級タイトルマッチ(7月12日、後楽園ホール)、藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)―天海、※一力プロモーション

【特別賞】
河野公平(元WBA世界スーパーフライ級王者)、田口、福原辰弥(元WBO世界ミニマム級王者)、故・三迫仁志(元日本プロボクシング協会協会長)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集