[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

時速35キロの衝撃― レアルの“世界最速FW”の超速弾に絶賛「…もしくはボルト?」

パスが出された瞬間は相手DFから「-3メートル」もシュートは「+5メートル」に

 リーグ公式ツイッターが紹介した動画では、まずはパスが出された瞬間にマーカーとの距離が「-3メートル」と計測し、追い抜いてシュートを決めた瞬間は「+5メートル」と算出。つまり、わずか5秒で約8メートルも差をつけたことになる。さらに驚くべきは次に紹介したスピード。相手DFを抜く際に時速35.0キロを記録したという。

 超人的スピードに対し、英情報紙「ビジネス・インサイダー」は「“世界最速のフットボーラー”ギャレス・ベイルは惚れ惚れするチップキックゴールの直前、時速35キロのスピードで走っていたことが発覚」と報じている。

 記事では、過去にサッカー界世界最速となる時速36.9キロを記録したことを紹介。世界最高FWの一人、バルセロナのアルゼンチン代表のリオネル・メッシでも最高速度は32.5キロだという。

 ベイルのゴールもあって試合は3-1と快勝。開幕したばかりのシーズン、サッカー界の世界最速男は今季、そのスピードでどれだけ驚きを与えてくれるのか。今から楽しみだ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集