[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、引退試合はマンU本拠地を希望か 英メディア報道、現役残り3戦とも発言

ボクシングのヘビー級元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)は、2月22日にWBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と“世紀の再戦”を迎える。以前から海外メディアに対して“引退プラン”を口にしていたが、イングランド1部プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが本拠地としているオールドトラフォードを引退試合の舞台とする構想があるようだ。英メディアが報じている。

タイソン・フューリー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー【写真:Getty Images】

WBCヘビー級王者のワイルダーと2月22日に“世紀の再戦”「ノックアウトする」

 ボクシングのヘビー級元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)は、2月22日にWBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)と“世紀の再戦”を迎える。以前から海外メディアに対して“引退プラン”を口にしていたが、イングランド1部プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが本拠地としているオールドトラフォードを引退試合の舞台とする構想があるようだ。英メディアが報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 また壮大な構想を口にした。1月には海外メディアに、ワイルダーら残り3人と戦って引退するというプランを語っていたフューリー。今回は、壮大な引退試合の構想を明かしているようだ。英スポーツメディア「スポーツバイブル」によると「その試合(引退試合)は、多分オールドトラフォードで行うだろう。俺の素晴らしいキャリアの幕引きってわけさ」と語っているという。

 オールドトラフォードは、マンチェスター・ユナイテッドが本拠地としており、数々の名勝負が行われてきたことから“シアター・オブ・ドリームズ”の別名を持つ。ラグビーにも使用されているほか、ボクシングでは1993年にWBC&WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ、クリス・ユーバンク対ナイジェル・ベンの試合が行われている。

 記事によると、フューリーは今後について「まず、ワイルダーをノックアウトするが、奴はこれ以上の再戦をするつもりはないだろう。次に、ジョシュアだ。ジョシュアも叩きのめす」と発言。王者返り咲きを果たした後には、同級3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(英国)との4団体統一戦を見据えているという。

 その後の引退試合は誰と戦うのか。1月には、WBC同級暫定王者ディリアン・ホワイト(英国)とのラストマッチを望んでいると報じた海外メディアもあったが、「スポーツバイブル」は2012年にWBC世界同級王者に挑戦経験のあるデレック・チゾラ(英国)が引退試合に望む相手だと報じている。

 フューリーはチゾラについて「昔からのダチ。あいつには『俺の最後の試合はお前とだ』って常々言っていたよ」と語っているという。両者は過去に2試合戦っており、いずれもフューリーが勝利している。

 英放送局「BTスポーツ」に対しては「やりたいことをやれているのだから俺は幸せさ。引退までの時間を穏やかに過ごし、もう3戦は勝利したい。残り3試合だ」と強調したというフューリー。“2・22決戦”に勝利し、思い描いた通りの引退ができるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集