[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コービー死去前日、20分の電話の最後に…米記者の感動コラム「なぜ彼は逝ったのか」

20分の電話取材、最後にコービーが伝えたこととは…

 取材時間は20分。しかし、旧知の仲にあるコービーはプラシュク記者が持っていた印象とは違ったという。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

「尖っていたあの頃のコービーではなくなっていた。手を広げているようだった。彼はレブロンのことを受け入れていた。レイカーズファンに諭すように話していた。偉大なことは共有しないと意味をなさない、と。電話を開始して5分後には、彼の伝えたいメッセージがはっきりしてきた。マンバの鋼のような目は柔らかくなり、包容力のある忍耐と愛を見せる町の偉大なリーダーになっているようだった」

 プラシュク記者はコービーの異名「ブラックマンバ(毒蛇)」になぞらえ、電話の先の様子を表現。若かりし頃、味方にパスを出すことさえ惜しむほど、勝利に飢えていた血気盛んだった時代とは違う。引退からしばらくたったコービーは丸くなり、寛大な人間になっていたという。

 レイカーズ一筋20年のコービー。ロサンゼルスの町でスーパースターへの階段を駆け上がり、ファンに熱狂、夢をあたえ続けていた。しかし、プラシュク記者との会話でコービーはこう言い残して電話を切ったという。

「この町を見ながら、一緒に成長したことは素晴らしいことだった。僕は凄く感謝の気持ちがある。僕はこの町にしてもらったことに対して、まだ何一つ返していないんだ」

 これが最後の言葉となった。約20年、どんな時も「コービー・ブライアント」を伝えてきた名物コラムニスト。しっかりと届けた“最後の姿”が反響を呼んでいる。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集