[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怪物ザイオン、デビュー戦は22得点7リバウンド 3Pは4本全て成功、本拠地熱狂の渦

プロバスケットボール(NBA)のペリカンズは22日(日本時間23日)、本拠地スパーズ戦で117-121で敗戦。2019年ドラフトの全体1巡目1位指名のザイオン・ウィリアムソンが初出場し、18分間の出場で22得点、7リバウンド、3アシスト、3ポイントは4本中4本成功させるなど上々のデビュー戦を終えた。

ペリカンズのザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】
ペリカンズのザイオン・ウィリアムソン【写真:Getty Images】

黄金ルーキー、ウィリアムソンが鮮烈デビュー

 プロバスケットボール(NBA)のペリカンズは22日(日本時間23日)、本拠地スパーズ戦で117-121で敗戦。2019年ドラフトの全体1巡目1位指名のザイオン・ウィリアムソンが初出場し、18分間の出場で22得点、7リバウンド、3アシスト、3ポイントは4本中4本成功させるなど上々のデビュー戦を終えた。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 ペリカンズ入団後に右膝半月板損傷で手術を受けリハビリを続けていたザイオンが注目のデビュー戦を迎えた。第2クオーター(Q)にゴール下でリバウンドを奪うと、そのまま決めて初得点。第3Qまではわずか5得点にとどまっていたが、最終Qに爆発した。

 正確な3ポイントショットを4本全て成功。見事なタップシュートも決めるなど、このQだけで17得点と大暴れし会場を熱狂に巻き込んだ。デューク大時代のような激しいダンクこそなかったが、正確なシュートタッチでフィールドゴールは11本中8本成功させた。

 敗戦の中でも上々のデビューを飾ったザイオン。大器がまずは片鱗を覗かせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集