[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高島咲季が女子400m連覇 日本選手権はラスト5mでV逸、「いつも通り」で悪夢に別れ

全国高校総体(インターハイ)は4日、沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムで陸上が開幕し、女子400メートル決勝は日本選手権2位に入った高島咲季(3年=相洋)が53秒44秒で連覇を達成した。

女子400メートルを制した高島【写真:奥井隆史】
女子400メートルを制した高島【写真:奥井隆史】

追われる立場も関係なし、「狙う」より「負けられない」気持ちでV2

 全国高校総体(インターハイ)は4日、沖縄・タピック県総ひやごんスタジアムで陸上が開幕し、女子400メートル決勝は日本選手権2位に入った高島咲季(3年=相洋)が53秒44秒で連覇を達成した。

 高校生相手に負けるわけにいかない。高島が思いを体現する走りで圧勝だ。持ち前の後半に強さを発揮し、最後の直線は一人旅。2位に0秒97の差をつけた。大会記録には0秒14届かなかったが、堂々の連覇達成。「前半の時点で後半もいける感覚があった。普段通りに走れたのが良かった」と貫禄たっぷりに振り返った。

 追われる立場となっても関係なかった。「緊張はなかったけど、プレッシャーはどこかで感じていたのかな」と本人は言うものの、走りも結果も堂々たるもの。「今年は優勝を狙うというより、負けられないという気持ち。とにかく一番でゴールしたかった」と胸をなでおろした。

 あの悔しさを忘れない。6月の日本選手権。並みいる年上たちを従えて直線に入り、優勝を予感させたゴール5メートルで失速。2位になった。「前半からいって最後は足が左右ばらばらになってしまった」。懸命に背中を反って立て直そうとしたが、まさかの大逆転を許してしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集