[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高島咲季が女子400m連覇 日本選手権はラスト5mでV逸、「いつも通り」で悪夢に別れ

2位に0秒97差をつけて優勝した高島(左)【写真:奥井隆史】
2位に0秒97差をつけて優勝した高島(左)【写真:奥井隆史】

日本選手権の悔しさから得た学び、「いつも通り」で連覇に結実

「後半で抜かれたことが悔しい。今まで後半で負けたことがなかったので」という。心の中では忘れようとしても「ずっとどこかで引きずっていたんだろうなと思う」が本音だろう。でも、身をもって得た学びがあるから、今回は「前半から出し過ぎずにいつも通り」を貫き、冷静に連覇という結果に結び付けた。

 将来は世界の舞台も視野に入る3年生。派遣標準記録切りについては「先を考えすぎると欲が体についてくる。自然体でやりたい」と謙虚に語った。しかし、400メートルの魅力を「駆け引きだったり、抜いたり抜かれたり、ハラハラドキドキな感じ」と語った高島が日の丸を背負う日は、そう遠くないかもしれない。

◇インターハイの陸上は4日から8日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集