[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ご飯だけ」「パンだけ」では足りない ジュニア選手が朝ごはんで摂るべき栄養素

栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について優しく指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。サッカーJリーグ・アルビレックス新潟で栄養アドバイザーを務めている公認スポーツ栄養士・長谷川直子氏がわかりやすくアドバイスする。第4回は「朝ごはんで摂るべき栄養素」について。

ご飯やパンの次に摂るべき栄養素とは
ご飯やパンの次に摂るべき栄養素とは

連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」第4回

 栄養・食事の観点からジュニア世代の成長について優しく指南する、「THE ANSWER」の保護者向け連載「強い子どもを育てる ミライ・アスリートの食講座」。サッカーJリーグ・アルビレックス新潟で栄養アドバイザーを務めている公認スポーツ栄養士・長谷川直子氏がわかりやすくアドバイスする。第4回は「朝ごはんで摂るべき栄養素」について。

 ◇ ◇ ◇

 小中学校の生徒さんに「朝ごはんを食べている? どんなものを食べているの?」と聞くと、「ご飯だけ」「パンだけ」といった答えがよく返ってきます。

 実際にはこれに、牛乳や乳酸菌飲料、あるいはお茶を飲んでいるのですが、それにしても、育ち盛りの子供たちには量も品数も少し足りません。

 朝食には、体温を上げ、睡眠で休めていた脳を起こし、体を動かすための準備を整えるという役割があります。また、エネルギーを補給することで、授業に集中できるし、運動にも意欲的に取り組むことができます。

 逆に朝食を食べないと、授業中にぼーっとしたり、疲れやすくなったりします。それだけでなく、朝食抜きが習慣になると、脳や体の成長に影響することもあるのです。

 具体的なメニューについてですが、ご飯やパンの次にぜひ摂ってほしいのは、卵や魚、肉、あるいはハムやソーセージなどの食肉加工品といった、タンパク質を多く含むおかずです。

 タンパク質は、体作りや成長に必要な栄養素。スポーツをする子どもたちや親御さんは比較的、意識して食べる(食べさせている)と思いますが、実は「毎食食べること」がポイント。なぜならタンパク質には、「一度にたくさん食べても、体が吸収できない」という性質があるからです。

 とはいえ、毎朝、焼き魚や目玉焼きなどを出そうとすると、それも大変。あまり気負わず、納豆や魚肉ソーセージ、魚の缶詰、ヨーグルトなど、調理いらずで食べられる食品をどんどん活用しましょう。

1 2

長谷川直子

管理栄養士、公認スポーツ栄養士。09年から新潟を拠点にJリーグのアルビレックス新潟・栄養アドバイザーとして、選手、家族向け栄養セミナーの実施、メニュー作成や調整、個別の食事相談などを担当する。そのほか、スポーツ指導者向け研修会、小中学校でのスポーツと食の講演会、新聞・雑誌の監修やラジオ出演など幅広く活躍。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集