[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

猛威振るうインフル予防策 スポーツ栄養士が教える“腸が喜ぶ食べ物”2つは?

ヨーグルトは2週間、同じものを毎日食べ続けると「◎」…飲むタイプは?

 毎日、手軽に摂れる食品の代表は、ヨーグルトや野菜ジュースです。ヨーグルトは商品によって様々な菌を含んでいますが、腸内細菌は種類が多く、人によって相性のよい菌とそうでもない菌があります。どの菌が合うかは試してみないとわからないので、2週間程度、毎日、一つのヨーグルトを食べ続けてみて。その際、「お腹の調子がいいな」という感触があればそれを食べればよいし、変化を感じなければ、別の商品を試してください。

 また、「ヨーグルトは飲むタイプでもよいですか?」とよく聞かれますが、できれば食べるタイプを選びましょう。飲むヨーグルトの問題点は、糖類が多いこと。甘味を加えたカップのヨーグルトと比べると、倍くらい多くなります。せっかく毎日、摂るのですから、カロリーの高い商品は避けたいですよね。

 野菜ジュースは市販されているものでも大丈夫。免疫力を上げるビタミンエース(ビタミンA、C、E)が豊富だとなおよいので、にんじんやトマトベースがよいでしょう。もちろん、手作りの野菜ジュースやスムージーもおすすめです。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集