[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 食とカラダ
  • 「菌やウィルスに”隙”を見せない」 選手の強い味方 風邪予防の最適メニューとは

「菌やウィルスに”隙”を見せない」 選手の強い味方 風邪予防の最適メニューとは

乾燥し、寒さが身に染みる季節。疲れがたまり、睡眠不足などが重なると、簡単にウィルスに入り込まれ、風邪を引いてしまう。そこで、Jリーグの横浜F・マリノスやラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツなどの栄養サポートを手がける、公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に、風邪予防に効果的な食事について聞いた。

冬の風邪予防におすすめの献立と食材は?【写真:photolibrary】
冬の風邪予防におすすめの献立と食材は?【写真:photolibrary】

第一歩は粘膜と抵抗力・免疫力の強化…タンパク質とビタミンエースが豊富な食材は?

 乾燥し、寒さが身に染みる季節。疲れがたまり、睡眠不足などが重なると、簡単にウィルスに入り込まれ、風邪を引いてしまう。そこで、Jリーグの横浜F・マリノスやラグビートップリーグのパナソニックワイルドナイツなどの栄養サポートを手がける、公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に、風邪予防に効果的な食事について聞いた。

──────────────────────────────

 風邪の予防は、とにかく菌やウィルスに対して「隙」を見せないことです。ポイントは2つ。1つ目は粘膜を強化すること、2つ目は抵抗力と免疫力を高めることです。

 菌やウィルスは皮膚に覆われていない、鼻やのどの粘膜から体内に侵入します。普段は様々な分泌液が菌の侵入をガードしていますが、乾燥する秋冬は粘膜も乾燥しやすく、体を守る働きも低下。そのため、粘膜を強化する工夫が有効です。

 もしも菌やウィルスが体に侵入しても、健康で丈夫であれば風邪を引きません。疲労がたまっていたり、栄養不足や寝不足だったりすると、隙を突かれ、ダウンしてしまいます。ですから、免疫力や抵抗力を高めることが、風邪予防につながるのです。

 抵抗力、免疫力アップに役立つ栄養素はタンパク質とビタミンエース(ビタミンA、C、E)です。ビタミンエースが豊富な食材は、色の濃い野菜や果物。今の時期でしたら、冬に旬を迎える春菊、ニラ、ほうれん草、ブロッコリー、水菜、れんこん、キウイ、みかんなどがおすすめ。おやつにも良いナッツ類もビタミンEが豊富です。

1 2

橋本玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

サッカーJ1横浜F・マリノス、ラグビートップリーグ・パナソニックワイルドナイツの栄養アドバイザー。2006年トリノ五輪ではスキーフリースタイル・上村愛子を日清オイリオグループ株式会社と共にサポート。トップアスリートから未来のアスリートを目指すジュニア世代とその保護者まで、幅広いターゲットに対し、より強く、より健康になるためのメニュー提案、栄養セミナー、栄養カウンセリングなどを行っている。

URL:http://food-connection.jp/

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌、WEBなどで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー