[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • イベント
  • 「ポカリスエット ブカツ応援キャラバン」元サッカー五輪代表監督の山本昌邦氏が米子北高校を激励!

「ポカリスエット ブカツ応援キャラバン」元サッカー五輪代表監督の山本昌邦氏が米子北高校を激励!

サッカー元ユース代表及び五輪代表監督の山本昌邦氏が12月14日に鳥取県米子市の学校法人翔英学園米子北高等学校を訪問。自らの指導経験を元に、全校生徒に力強いエールを送った。

201611215_yamamoto

元サッカー五輪代表監督が送った力強いエール

 サッカー元ユース代表及び五輪代表監督の山本昌邦氏が12月14日に鳥取県米子市の学校法人翔英学園米子北高等学校を訪問。自らの指導経験を元に、全校生徒に力強いエールを送った。

 このイベントは大塚製薬が実施する「ポカリスエット エールと、ともに。ブカツ応援キャラバン」の一環として開催。同校はサッカー部、野球部、アーチェリー部、バドミントン部など、全国大会出場経験のある部活動も多く、世界のトップチームで活躍する選手を指導してきた山本氏の話に、生徒たちは熱心に耳を傾けた。

 山本氏は10代の頃の中田英寿氏、中村俊輔(横浜FM)、本田圭佑(ACミラン)、長友佑都(インテル)らの姿を振り返りながら、「一流の選手に共通しているのは、才能よりも努力する力があること。努力を怠らない人には必ずチャンスが巡ってくる」と熱弁。また、「最も大切なのは勝負に勝つことではなく、自分はベストを尽くしたと言えること」と続け、「挑戦した結果の失敗は、必ず成長につながる。常に高い目標を持ち、諦めず、気を抜かず、挑戦し続けてほしい。そして、自分を支えてくれる親やおじいさん、おばあさんへの感謝の気持ちを忘れずに、これからも素晴らしい経験を重ねてほしい」と語った。

20161215_yamamoto

サッカー部主将は「考え方を見つめ直すいい機会に」

 第二部では、12月31日に開幕する第95回全国高校サッカー選手権大会への出場が決まったサッカー部員に向けて、特別講演を実施。「チームスポーツは皆が一体となり、一人一人が1ミリ、1秒でも頑張れると良い結果に結びつく。スタメンだけでなく、選手登録の枠に最後に入った選手、マネージャーも、一人一人がチームにとって何ができるのかを考えられ、役割を全うできるチームが勝ち進んでいく」と、勝つためのチームワークの大切さを軸に論じた。

 また、「今日から選手権が終わるまでの1か月は、君たちにとって人生で最も重い1か月となる」と、大きな大会に臨む気構えや連戦が続く大会での体調管理についても言及。「米子北の歴史を残すために、覚悟を持って生活し、成長してほしい。準決勝、決勝で埼玉スタジアムで会おう」という言葉を送った。

 サッカー部3年生の田中宏旺主将は講演会を振り返り、「サッカーに対する考え方を見つめ直すいい機会になりました。大会までの残り2週間で、技術、体力で劇的に変わることは難しい。ですが、全員で一致団結する努力は、大会期間中にもできる。先生に求められる以上のことができるよう、選手同士で話し合い、これから覚悟を持って取り組みます」と決意を語った。

「エールと、ともに。」とは、ポカリスエットが、ブカツを頑張る中高生を応援するプロジェクトです。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー