[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • 進路選択
  • 怪我、解雇、そして… 川口能活が告白する「3つのターニングポイント」とは

怪我、解雇、そして… 川口能活が告白する「3つのターニングポイント」とは

自身のサッカー人生をつづった著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。第1回は自身のサッカー人生における「ターニングポイント」をどのように切り抜けてきたのかを語る。

【連載第1回】「苦しかった」あの1か月、元日本代表GKはいかにして今があるのか

 自身のサッカー人生をつづった著書「壁を超える」を上梓した元日本代表GK川口能活(SC相模原)。42歳にして今なお、ピッチに立ち続ける希代の名GKはいかにして、現在の地位まで上り詰めたのか。全4回にわたり探る連載。第1回は自身のサッカー人生における「ターニングポイント」をどのように切り抜けてきたのかを語る。

 高校を卒業後、Jリーグの横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団。42歳の現在まで続くサッカー人生の分岐点を問うと、「挫折感を味わった出来事」として、海外移籍先でポジションを失ったこと(01~04年)、ジュビロ磐田時代に負った接触プレーによる右すねの骨折(09年)、そして、ジュビロとの契約が切れた後の空白の時期(13年12月~14年1月)を挙げた。

「特に右すねのケガは、その後の契約にもつながる分岐点だったと思います。復帰までに約1年かかり、パフォーマンスが上向きになってきたところで、今度はアキレス腱を断裂(12年)。今度は復帰後も自分がイメージするプレーになかなか戻れなくなり、13年のシーズンをもって、ジュビロとの契約も終わりました。解雇を告げられたショックは勿論、大きかったけれど、結果を残せなかったのだからクラブとしては当然の判断。それよりも、次のチームが決まるまでの1か月が苦しかった」

 これが、川口にとって「次のチームが決まらない」という初めての経験となる。ちょうど2人目の息子も生まれた時期とも重なり、家族を養う父親としても先の見えない不安に苦しんだ。

「何より“所属クラブがないかもしれない”ということが現実に打撃を受けました。自分では『いつかはこういう日がくる』と覚悟をしていたつもりでしたが、やはり“どこかに決まるだろう”という想いが心のどこかにあったんです。ところが、現実は想像以上に厳しかった。過去、築き上げたJリーグや日本代表の実績があったとしても、これだけ厳しいのだということを突き付けられました」

1 2

長島恭子

編集・ライター。サッカー専門誌、フリーランスを経て編集ユニット、Lush!を設立。インタビュー、健康・ダイエット・トレーニング・ヨガを軸に雑誌、WEBでの執筆や、ムック、単行本を企画・制作。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『肩こりには脇もみが効く』(藤本靖著、マガシンハウス)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー