[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なおみフィーバー発生!? 大坂が“第二の母国”訪問「ハイチを歩いてみたかった」

女子テニスの世界ランク68位の大坂なおみ(日清食品)が父親の母国ハイチを初訪問し、次代のヒロイン候補による“第二の祖国”上陸で、現地はナオミフィーバーが発生。大きな話題となったという。

父の母国ハイチを初訪問、現地で“なおみ詣で”発生、両親とともに記者会見も

 女子テニスの世界ランク68位の大坂なおみ(日清食品)が父親の母国ハイチを初訪問し、次代のヒロイン候補による“第二の祖国”上陸で、現地はナオミフィーバーが発生。大きな話題となったという。

「ナオミ・オオサカがハイチに滞在」と特集したのは、ハイチ地元紙「ヌーベリスト」だった。日本生まれ、ニューヨーク育ちの大坂が父レオナール・フランソワさんの母国に初めて足を踏み入れ、大きな話題となっていたようだ。

 記事によると、ハイチテニス連盟の首脳陣、同国若手の逸材らが、大坂が滞在するホテルへ“なおみ詣で”に勢ぞろい。両親とともに記者会見も行われるなど、大々的な歓迎を受けた。

「私は3歳でテニスを習い始めました。本当は姉の影響でした。当時家族で日本に住んでいましたが、私に多大な才能を見出してくれたようで、両親はニューヨークに引っ越す決意をしました。だから、私は成長できたのです」

 大坂はこう語り、幼少時代からニューヨークで研鑽を積んだことが今の成功に繋がったと自己分析。一方で、アメリカでの日々でハイチとの絆を感じることは多かったという。まずは料理だ。

「ニューヨークでは父親の家族とも生活をしていました。ハイチの食材ばかり食べていました。ハイチ料理はとにかく最高。日本にはすでに住んでいた経験があったので私はハイチも訪問したかった。ハイチでのネガティブなコメントを耳にしていました、信じられなかった。だからこそ、ハイチの大地を歩いてみたいという大きな情熱があったのです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集