[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“史上最強”が味わった現実 東京五輪へ、渡邉拓馬の提言「海外でチャレンジを」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で初の開幕4連敗となった世界ランク48位の日本は9日、同28位・モンテネグロとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、65-80で5戦全敗となった。NBAウィザーズの八村塁、PG篠山竜青の2人を欠く中で、渡邊雄太が34得点と奮闘するも、過去9戦全敗の欧州勢から初勝利を得られず、“史上最強”と呼ばれたチームが初の大会0勝で終えた。

渡邊雄太【写真:Getty Images】
渡邊雄太【写真:Getty Images】

史上初の未勝利で終戦、元日本代表の名手の目にはどう映ったのか

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で初の開幕4連敗となった世界ランク48位の日本は9日、同28位・モンテネグロとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、65-80で5戦全敗となった。NBAウィザーズの八村塁、PG篠山竜青の2人を欠く中で、渡邊雄太が34得点と奮闘するも、過去9戦全敗の欧州勢から初勝利を得られず、“史上最強”と呼ばれたチームが初の大会0勝で終えた。来年には東京五輪を迎える中で、選手たちは何を感じ、どう覚悟をもってバスケットに取り組むべきなのか。「THE ANSWER」は元日本代表・渡邉拓馬氏に聞いた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 モンテネグロ戦は前の試合(大敗したニュージーランド戦)の反省を含めて、多くの選手に戦う姿勢が見えていて、今までとは全然違いました。特に渡邊選手の戦う姿勢は素晴らしいものがあった。モチベーションの持ち方が難しかったとは思いますが、今大会で内容は一番良かったんじゃないでしょうか。

 渡邊選手はファーストブレイクで自らアタック、トランジションの切り替えのところでも、一喜一憂することなくテンポよくアタックしていました。ボールを持ったらアタックする、という意識のところで大きな違いがありました。やはりメンタル面が大きいのかなと思います。ほかの選手は攻めの姿勢を持ちながら、さらにビジョンを描くこと。とにかくゴールを向くことです。習慣でやっていかないといけない。これからまた築き上げていくことが大事です。

 八村選手という起点が不在の中で、どう起点を作るのか。渡邊選手を中心にアタックするという形は一つできましたし、大会を通じては馬場選手のスピードが通用したことも収穫です。個でアタックしつつチームの流れを作ることがある程度はできていました。

 一方で課題としては、1on1の強度の強さ、ピック・アンド・ロールの守り方。オフェンスに関してはノーマークになれば効果的に決め切らないといけません。現状ではリングにアタックできる選手も限られている。アタックする能力に関してはもっとスキル、精度をあげていかなければなりません。

 3Pは16本打って1本も入りませんでした。練習が必要なのは当たり前ですが、こういうシーンを自分で追い込んで、作っていくことが大事です。同じ状況を作るのは難しいですが、より近いシチュエーションでやらないと改善することはできません。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集