[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

久保建英と安部裕葵、メガクラブ入り礎を作った恩師の教えと「一流の証」の共通項

欧州のサッカーシーズンがついに開幕を迎えた。日本代表で注目を集めているのはレアル・マドリードに移籍したMF久保建英とバルセロナに加入したFW安部裕葵。世界屈指の名門に移籍した2人の若き才能にはある共通点がある。独自メソッド「KOBA式体幹・バランストレーニング」の開発者でもあるプロトレーナー木場克己氏に長年師事し、フィジカル能力を進化させたことだった。彼らはいかにしてメガクラブに辿り着いたのか――。

レアル・マドリードのMF久保建英、バルセロナのMF安部裕葵【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのMF久保建英、バルセロナのMF安部裕葵【写真:Getty Images】

恩師の木場克己氏はいかにして2人のフィジカル能力を進化させたのか

 欧州のサッカーシーズンがついに開幕を迎えた。日本代表で注目を集めているのはレアル・マドリードに移籍したMF久保建英とバルセロナに加入したFW安部裕葵。世界屈指の名門に移籍した2人の若き才能にはある共通点がある。独自メソッド「KOBA式体幹・バランストレーニング」の開発者でもあるプロトレーナー木場克己氏に長年師事し、フィジカル能力を進化させたことだった。彼らはいかにしてメガクラブに辿り着いたのか――。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 小学4年生だった久保少年との出会いは2012年だったと、木場氏は振り返る。

「2012年に、講演会に出席していた建英のお父さんが体幹・バランストレーニングを体験させたいというところが入り口でした。目的は体幹・バランストレーニングで怪我をしない体作りというコンセプトがスタート地点。小4だったので、年齢的にはまだ子供だったので、そこまで筋肉がつくわけではない。体幹の強さより、むしろいかに頭がブレない姿勢を作れるかが大事でした」

 当時から長友佑都(現ガラタサライ)らトップアスリートを指導していた木場氏。当時バルセロナの下部組織に所属していた久保の父親からの依頼が“師弟関係”の始まりだった。そこから7年間、久保は木場氏の開発したトレーニングを継続している。

「スタートで建英に言ったことは、いかに成長痛を回避するか。彼には成長する中でも腰痛にならないためのプログラムを開発しました。当時、股関節の硬さと筋肉の硬さという弱点はあった。その半面、サッカーに関してのテクニックは絶大でした。

 テクニックの向上につながる体幹とバランス強化のメニューを組みながら、同時進行でテクニックにプラスして体の作り方というテーマに中長期計画で取り組みました。小学生から中学生、中学生から高校生に上がる年齢に合わせた体力作り、トレーニングのメニュー作りというのはすごく大事。その部分を本人に理解させるところからのスタートでした」

 小学生時代の久保のトレーニング映像などを振り返ると、確かにストレッチなどでは体が硬く見える。現在はウォーミングアップでは柔軟性を発揮しており、幼少時ですでにフィジカル面の弱点を克服してきた証明でもある。

1 2

木場 克己

KOBA式体幹バランストレーニング協会代表

プロトレーナー

 小2年で柔道を始め、小6の南九州柔道大会で優勝、優秀選手賞を獲得。中3で県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。高校でレスリングを始め、56キロ級九州大会で優勝。インターハイ、国体は団体戦3位。腰椎圧迫骨折で現役を退き、医療人の道へ。鍼灸師、柔道整復師、FC東京ヘッドトレーナー(95~02年)、G大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)、長友佑都専属トレーナー。

URL:http://kobakatsumi.jp/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集