[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔が次に戦うのは誰だ 日本の“視聴率男”復活が与えるSF級世界戦線への影響

井上尚弥の保持したベルト、井岡は2階級王者・エストラーダを希望

 以前から掲げる夢は、海外でのビッグマッチ。現在、スーパーフライ級の世界王座には、WBAにカリ・ヤファイ(英国)、WBCにファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)、IBFにジェルウィン・アンカハス(フィリピン)が君臨する。「強いて言えばエストラーダ選手ですかね。ずっと近いところ(階級)にいるし、世界的にも評価が高いし、メキシコで人気だし、米国でも人気だし」

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 今後戦いたい他団体王者を問われた井岡は、2階級制覇した強敵を挙げた。長く王者にいたシーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)を4月に下して王座奪取。フライ級時代は井岡との対戦の可能性もあり、ファンが空想したカードでもある。

 そもそも、井岡が奪ったWBOスーパーフライ級のチャンピオンベルトは、WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が14年12月に奪取し、昨年3月に返上したもの。いまや、世界を席巻するモンスター。井岡が17年末に引退宣言し、18年9月に米国で復帰、大晦日に4階級制覇挑戦に失敗する間に、井上は世界中の注目の的となるほど高みに上り詰めた。ボクシング界を牽引する後輩王者について、井岡は敬意を払う。

「何も思わないことはないけど、僕も現役ですし、彼を評価することは失礼だと思いますし、彼は彼で偉大なことをやってるし。でも、何も感じないと言えばそれは嘘になるし。もちろんリスペクトもあるし、でも僕はそこに気を留めずに、自分のやることをやっていこうという気持ちです」

 19日のリングサイドには、元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)も姿を見せていた。昨年4月のV2戦で体重超過を犯し、日本ボクシングコミッション(JBC)から無期限資格停止処分を受けている。だが、同じ過ちを犯さない環境が整えば、JBCは処分解除の方針を持つ。復帰する場合は1階級以上の転級を条件にしている。

 現役王者ではないが、元世界4階級王者ローマン・ゴンサレス(帝拳、ニカラグア)の存在も忘れてはならない。誰が相手になるにせよ、かつて瞬間最高20%前後をマークした“視聴率男”が国内にチャンピオンベルトを持ち帰ったのは、日本ボクシング界にとって大きな意味を持つ。井岡の復活でスーパーフライ級戦線はどう動いていくのか――。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集