[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

いつも飢えていた Bリーグ新人賞、岡田侑大という“想像を超える男”の一直線人生

岡田侑大とって、新人賞は通過点に過ぎない【写真:(C)SeahorsesMIKAWA Co.,Ltd.】
岡田侑大とって、新人賞は通過点に過ぎない【写真:(C)SeahorsesMIKAWA Co.,Ltd.】

チームケミストリーを高めて、目指す頂点

 岡田にとって、新人賞は通過点に過ぎない。しかもまだ入り口に近い通過点だ。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「2年目はマークもキツくなって、厳しいシーズンになると色々な方から言われますけど、その中で自分がどれくらいできるかは、このオフの準備しだいだと思っています」

 来季は背番号が#30から#2へと変更されることが発表された。三河の2番といえば、ミスターバスケットボールと賞される佐古賢一氏が付けていた、特別な番号だ。大きな期待を背負って迎える新シーズンの目標は「日本一になること。シャンパンファイトをやりたいですね。来季は『シャンパンやります』って書いといてください」

 今季は中地区4位に終わり、13年ぶりにチャンピオンシップを逃した三河。Bリーグ優勝という目標を達成するためにはチームケミストリーを高めることが不可欠だと岡田は続ける。

「ここに来る前は比江島さんが目標だったんですけど、今は金丸さんの影響を受けまくっています。今季は一人で打開しようと1対1にこだわってしまったんですが、金丸さんも一つひとつのスクリーンや、動き、パスも大事だと言ってたので、来年はチームプレーを優先して、一つ一つのスクリーンとかにこだわって戦っていきたい。(熊谷)航さんと僕がもっとチームを理解すれば、今年とはまた別のチームになると思います。新たな三河のバスケットをつくりたい」

 新人賞の次なる個人目標を聞くと、「ベスト5に選ばれるようにがんばりたいんですけど、そんなに簡単じゃない。3人が3年連続で選ばれているということは、相当なインパクトを与えないと……。

 得点ランキングは外国籍選手が上位だし、アシストも難しいんですよね。フリースローパーセンテージで勝てるように頑張ります。フリースローはめっちゃ苦手で、今季は70%しかない。あと20%上げれば、ワンチャンあるかな」といたずらっぽく笑う。

 目の前の課題を克服し、一歩一歩ベストな自分を追い求める岡田。「あまり遠い目標は考えていないんですよ。でも東京五輪じゃなくても、その次の五輪に出たいという気持ちはあります。今から5年あるので、そのために準備していきたい」。岡田が描く線は、この先も、どこまでも真っすぐに続いていくことだろう。

(山田 智子 / Tomoko Yamada)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2 3 4

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集