[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

いつも飢えていた Bリーグ新人賞、岡田侑大という“想像を超える男”の一直線人生

プロとしてのはじまりの1年について語った岡田侑大【写真:山田智子】
プロとしてのはじまりの1年について語った岡田侑大【写真:山田智子】

有言実行を重ね、世代を代表する選手に

 バスケットボールに対するハングリーな姿勢は、子どもの頃から変わらない。岡田は小学校4年生の時、バスケットボール選手だった父の影響でバスケを始めた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 高校は地元・京都の東山に進学。日本代表選手を多数輩出してきた全国屈指の強豪校・洛南ではなく東山を選んだのは、「伝統を守っていくより壊したいというか、洛南の伝統を破るチームを作りたかった」からだ。

 “超攻撃型”バスケの東山で、オフェンス力を開花させた岡田は、2年生の時にインターハイの京都府予選で44連覇中の洛南に勝利し、目標を完遂。翌年はキャプテンとしてチームを率い、インターハイ、ウインターカップで準優勝する。ウインターカップでは得点王に輝いたが、「高校は悔しさの方が大きい。(決勝で)福岡第一に負けたことで、『大学に行ってやり返す』という大きなモチベーションになりました」と満足することはなかった。

 拓大でも1年時から試合に出場し、31年ぶりの関東大学リーグ制覇に貢献。1対1を主体とするスタイルの中で1on1の技術に磨きをかけ、2年になるとさらに得点力が増した。

「1年生の頃はまだ『調子良かったら点数が取れるかな』って感じで、自分では今でもそんなに活躍できてないって思ってるんですが、2年の時は『いつでも点数取れる』という自信がありました」

 新人戦では28年ぶりに優勝、リーグ戦第6節の白鴎大学戦では一人で58点を挙げるなど、得点王争いを独走する。

 この年の8月、2018年度男子U-22日本代表チームに選出された岡田は「2018 アジア・パシフィック大学バスケットボールチャレンジ」に出場。フィリピン、米国、ロシア、チャイニーズ・タイペイ、韓国と対戦し、2勝3敗で大会を終えた。とりわけ58-104で大敗した米国との一戦は、岡田の心に強い危機感を残した。そんな中、岡田とともに拓大を引っ張る2大エースの一人、ドゥドゥが米国へ挑戦すると大学を去る。岡田はプロ転向の意思を固めた。

「米国のNCAAディビジョン1の選手にボコボコにされて、このままじゃダメだと刺激を受けました。選手として生きていける時間はそんなに長くない。30代の半ばか、後半くらいまで。それなら同年代より2年早くプロに挑戦して、好きなバスケットでできるところまでチャレンジしたい。今は日本のA代表のレベルが高いので、Bリーグに行ってA代表の選手と60試合戦えればレベルアップできると確信がありました」

1 2 3 4

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集