[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

いつも飢えていた Bリーグ新人賞、岡田侑大という“想像を超える男”の一直線人生

アスリートが迎える様々な“はじまりのとき”を、東海地区を拠点に取材するライター・山田智子氏がお伝えする連載「STARTLINE」。第2回は、大学を中退し、20歳でBリーグへ挑戦することを決断、2018-19シーズンBリーグ新人賞に輝いたシーホース三河の岡田侑大にプロとしてのはじまりの1年を聞いた。

シーホース三河の岡田侑大【写真:(C)SeahorsesMIKAWA Co.,Ltd.】
シーホース三河の岡田侑大【写真:(C)SeahorsesMIKAWA Co.,Ltd.】

連載「STARTLINE」―大学中退、20歳でBリーグ三河に挑戦した男の“はじまりの1年”

 アスリートが迎える様々な“はじまりのとき”を、東海地区を拠点に取材するライター・山田智子氏がお伝えする連載「STARTLINE」。第2回は、大学を中退し、20歳でBリーグへ挑戦することを決断、2018-19シーズンBリーグ新人賞に輝いたシーホース三河の岡田侑大にプロとしてのはじまりの1年を聞いた。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 Bリーグ3人目の新人賞を受賞したスーパールーキーは、ペンを取ると、迷いのなくズバッと一本の線を描いた。

「ただただバスケが好きで、自分の好きなことを続けてきただけなので、マイナスになることはないですね」

 この連載では、インタビューの前に、これまでの競技人生の充実度をグラフで表してもらっている。どんなトップアスリートも大なり小なり困難の時期を過ごしているし、その逆境こそが、その後の飛躍の糧になっていることも多い。

岡田侑大のこれまでの競技人生の充実度を表したグラフ
岡田侑大のこれまでの競技人生の充実度を表したグラフ

 それに、こうしたグラフを書いてほしいと求められれば、こちらの意図を汲み取り、好不調の波があるグラフを書いてしまうものだ。しかし、そんなこちらの狭い想像力や予定調和を軽やかに超えてみせる。勢い良く書かれた一直線は、岡田侑大という選手をよく表していると感じた。

 岡田はいつも飢えていた。シーホース三河に加入してからの半年間、取材の度に感じてきた印象を岡田本人にぶつけてみると、「もう、ひたすら飢えてますよ」と力強く言葉を重ねた。

「(NBAボストンの)カイリー・アービングが『自分の人生の目標は、自分がなりうるベストな自分になること』って言ってたんですけど、本当に良い言葉だなと思って。そういう考え方をしていると、ゴールはないんですよ。引退するまでは、レースを走っているから。

 僕は我慢ができないんですよね。待てないんです。今もシーズンが始まるのが楽しみですし、『この(オフの)2か月いらなくね?』って思います(笑)。早く(自動車)免許を取って、ワークアウトを始めたいです。ただでさえ負けてるのに、早く始めないと追いつけない」

1 2 3 4

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集