[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「個の強さを磨くために欧州へ」 8年前の世界一直後に熊谷が語った“なでしこの未来”

なでしこジャパンの最終ラインで続く試行錯誤

 熊谷は大会を終えると、ドイツのフランクフルトに移籍。さらにその2年後の2013-14シーズンからはフランスのリヨンに加入し、4シーズン連続となる欧州制覇に貢献した。そして今回、自身3度目のW杯にはキャプテンとして臨んでいる。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 しかしなでしこジャパンは、その後もサイズ、俊敏性、技術を備えたセンターバックの発掘が思うように進まず、本来はサイドバックの鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)や、160センチの市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)を抜擢するなど試行錯誤が続いた。

 ようやく昨年主将としてU-20ワールドカップを制した169センチの南萌華(浦和レッズレディース)が、熊谷のパートナーとして定着しているが、小柄なテクニシャンが次々に台頭するMFに比べ、両ゴール前に身体的条件を満たすタレントが不足気味。その点では少し前の男子の状況に似ているが、女子の場合は若年層のスポーツとしてバスケット、バレーの人気が高く、再び世界一を奪回するにはスカウティング面で大きなテーマが横たわっているようだ。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集