[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「トップスタンダード」で世界に驚きを― リーチマイケル「僕が選手に言ったこと」

ラグビー日本代表は6月にテストマッチを3試合を行い、1勝2敗で終えた。2年後に迫ったW杯日本大会に向け、フィフティーンは何を掴んだのか。「3試合で一つずつ、課題が出てきた」と語ったのは、主将のリーチマイケルだ。

6月の日本代表テストマッチ3試合を1勝2敗…復帰の主将が感じた「課題」

 ラグビー日本代表は6月にテストマッチを3試合を行い、1勝2敗で終えた。2年後に迫ったW杯日本大会に向け、フィフティーンは何を掴んだのか。「3試合で一つずつ、課題が出てきた」と語ったのは、主将のリーチマイケルだ。

 初の大会3勝を挙げ、旋風を巻き起こした15年W杯イングランド大会。当時、主将として戦った男が2年ぶりに桜のジャージーに袖を通した。メンバーは入れ替わり、若返りも進んでいる。24日の世界ランク3位のアイルランド戦に敗戦後、リーチは「ラグビーの原点は戦うこと」と述べた上で3試合を総括した。

「フィジカリティ、ブレイクダウンの部分はよくできたと思う。感じたのは世界トップ3のメンタルのタフさ。今までのチームは50分でギブアップするが、アイルランドは最後の最後まで暑さにもよく耐えていた」

 この日の試合、アイルランドはアウェー、しかも暑さの中、闘争心をむき出しにして向かってきた。結果、日本は13-35で完敗した。リーチは手応えを感じる一方、明確な課題も口にした。

「ファイトして戦う気持ちはよくできていた。戦術面をもうもっと磨けばいい戦いができると思う。やろうとしていることは間違っていない。しかし、ゲームの中でどういうオプションを使うかが足りていない。ゲームアンダステンディング(理解力)を高めないと」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集