[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 杉田祐一、「最高のテニス」で歴史的初V 遅咲きの28歳が「本気」の次なる“野望”

杉田祐一、「最高のテニス」で歴史的初V 遅咲きの28歳が「本気」の次なる“野望”

男子テニス世界ランク66位の杉田祐一(三菱電機)が、今年から新設されたアンタルヤ・オープン決勝で同62位のアドリアン・マナリノ(フランス)を6-1、7-6で撃破。松岡修造、錦織圭に続く、日本人男子シングルス史上3人目のATPワールドツアー制覇を達成した。杉田は快挙の原動力に意外なレジェンドの名前を挙げる一方、今季残りで「本気で狙いたい」目標を明かした。ATP公式サイトが伝えている。

松岡、錦織に続く日本人3人目のツアーV「本当に誇り」…原動力は「フェデラー」?

 男子テニス世界ランク66位の杉田祐一(三菱電機)が、今年から新設されたアンタルヤ・オープン決勝で同62位のアドリアン・マナリノ(フランス)を6-1、7-6で撃破。松岡修造、錦織圭に続く、日本人男子シングルス史上3人目のATPワールドツアー制覇を達成した。杉田は快挙の原動力に意外なレジェンドの名前を挙げる一方、今季残りで「本気で狙いたい」目標を明かした。ATP公式サイトが伝えている。

 遅咲きの28歳は1時間29分の死闘で、一気に「ユウイチ・スギタ」の名を世界に知らしめた。優勝の瞬間をATP公式中継サイト「テニスTV」は公式ツイッターで「アメージング」というコメントを添え、動画付きで速報。杉田は大の字になって芝にあおむけになって倒れ込み、両手で顔を押さえて、感極まった様子を見せていた。

「第1回優勝者にスポットライト ユウイチ・スギタ」と報じたATP公式サイトでは、シドニー国際のジレ・ミュラー(ルクセンブルク)、メンフィス・オープンのライアン・ハリソン(米国)、ハッサン2世グランプリのボルナ・コリッチ(クロアチア)に続く今季4人目のツアー初優勝選手に輝いたことを記述。さらに「彼は日本人としてシュウゾウ・マツオカ、ケイ・ニシコリに続くツアー史上3人目の優勝者となった」と伝えている。

 記事では、杉田の喜びの声を一問一答形式で紹介している。

 優勝すれば、日本人3人目のツアー優勝者になることを聞いていたという28歳は「これは最高です。自分は最高のテニスができました。今日のプレーには本当に誇りに思います」と喜びを表現した。

 さらに、この優勝により世界ランキング50位以内が確実となったことを受け、今季の残りの目標を問われると、次なる“野望”を高らかに宣言した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー