[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「死も同然」の負けから気づいた原点 羽生結弦は壁を越えていく、きっと何度でも―

人一倍負けず嫌いの羽生が再び目覚めたアスリートとしての本能

 昨年2月の平昌五輪で連覇を達成した翌日の会見で、羽生は「もうちょっとだけ、自分の人生をスケートにかけたい」と、前人未到のクワッドアクセル(4回転半)の成功をモチベーションに現役続行を決めた。だが、世界選手権の激闘から一夜明けた24日、心境に変化が現れていた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「平昌後、結構ふわふわしてたんですよね。目的がきっちり定まってなかったのかなという感じがしてました。『やんなきゃいけないんだなあ』って思いながらスケートをやってて。自分の原点がこのシーズン通して見えましたし、やっぱスポーツって楽しいなって。強い相手を見た時に沸き立つような、ぞわっとするような感覚。もっと味わいつつ、その上で勝ちたいなって思えた」

 尊敬しあえるスケーターたちと戦って、完璧な演技をしたうえで勝つことが、自分の一番の喜びであり、自分のためでもある――。人一倍負けず嫌いの羽生が「原点」を意味する演目を滑り、高い壁を目の前にした時、アスリートとしての本能に再び目覚め、勝利への欲を取り戻したことは、大きな意義があった。

 世界選手権の2位は今回が3度目。思えば15年に2位となった翌15-16年シーズンはSP、フリー、合計とも2度、世界歴代最高得点(当時)を更新した。16年に2年連続の2位に終わって臨んだ翌16-17年シーズンは史上初めて4回転ループを成功させ、17年世界選手権はフリーで世界歴代最高得点(当時)を更新してSP5位から逆転優勝した。

 羽生は24日、スモールメダルセレモニーに集まった約3000人のファンへ来季に向けてこう宣言している。

「アクセル頑張ります。ルッツも頑張ります。フリップも頑張ります。これからもまだまだ心配かけさせる方向ですけど、リスクを負いながらも一緒に戦ってくださるとうれしいです。これからもよろしくお願いします」

 勝つための、4回転全6種類のコンプリート。右足首に加え、腰の慢性的な痛みも抱えるが、かつて「壁の先には壁しかない」と言った絶対王者は、これまでも悔しさをバネに強くなってきた。だから、さらなる高みを目指し、壁を何度でも越えていくだろう。

(福田 智沙 / Chisa Fukuda)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集