[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「死も同然」の負けから気づいた原点 羽生結弦は壁を越えていく、きっと何度でも―

フィギュアスケート男子でソチ、平昌両五輪で連覇を達成した羽生結弦(ANA)。平昌五輪のポストシーズンとなった今季のハイライトは間違いなく、3月の世界選手権だった。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズのロシア杯で右足首を負傷してから約4か月ぶりの復帰戦。23日のフリーでは世界王者のネーサン・チェン(米国)と歴史に刻まれるハイレベルな名勝負を繰り広げた。2年ぶりの優勝はならなかったが、五輪王者の「帰還」と呼ぶにふさわしいものだった。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

魂を揺さぶられる4分間、「死も同然」の負けから羽生結弦は何を得たのか

 フィギュアスケート男子でソチ、平昌両五輪で連覇を達成した羽生結弦(ANA)。平昌五輪のポストシーズンとなった今季のハイライトは間違いなく、3月の世界選手権だった。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズのロシア杯で右足首を負傷してから約4か月ぶりの復帰戦。23日のフリーでは世界王者のネーサン・チェン(米国)と歴史に刻まれるハイレベルな名勝負を繰り広げた。2年ぶりの優勝はならなかったが、五輪王者の「帰還」と呼ぶにふさわしいものだった。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 鬼気迫る表情だった。21日のショートプログラム(SP)で4回転サルコウにミスが出て3位と出遅れた羽生は、あこがれのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が2003-04年シーズンに滑った伝説のプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」をモチーフにした「Origin」に、魂をこめた。

 冒頭は五輪連覇のためにマスターした4回転ループ。公式練習で苦戦したジャンプを成功させると、約1万8000人の観衆から大歓声がわき起こった。続く4回転サルコウは回転不足となったが、こらえた。

 中盤の4回転トーループは美しく、4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半)の連続ジャンプもきれいに決めると、会場のボルテージは最高潮に。哀愁を帯びたバイオリンの旋律に乗った闘志あふれる滑りに、大歓声や拍手、手拍子が重なり、大きなうねりが生まれる。羽生らしい、見る者を引き込む「劇場型」とも言える演技は、鮮烈な輝きを放ち続けた。今も忘れることができない、魂を揺さぶられる4分間だった。

 結果はSP、フリーとも会心の演技を見せたチェンに22.45点差をつけられての敗北。「負けには負けという意味しかないので。はっきり言って、自分にとっては負けは死も同然だと思っている」。羽生らしい言葉で、悔しさをにじませた。

 勝負には敗れた。だが、右足首は完治せず、痛み止めを服用しながらの戦い。そして、着氷の仕方を一つ間違えれば再び負傷しかねない状況。万全ではないなか見せた、「美しい」「圧巻」といった一言で簡単に言い表せない演技は、決して色あせることはないし、恥ずべきものでもない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集