[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楢崎正剛、24年間の告白 「声が届かなくても声を出す」から変わったGK人生の真実

楢崎正剛はGKに必要な能力の一つに「存在感」を挙げる【写真:Getty Images】
楢崎正剛はGKに必要な能力の一つに「存在感」を挙げる【写真:Getty Images】

「自分が、自分が」ではなかった楢崎を変えたマザロッピの言葉

「マザロッピは選手としても大舞台を踏み、いいことも悪いことも経験してきた。彼の指導には説得力があり、すべての話が身になった」

 楢崎はGKに必要な能力の一つに「存在感」を挙げる。GKはフィールドのボスでいなければならない。しかし、普段の彼の性質はどうやら真逆のようだ。

「僕は『自分が、自分が』という性格ではないし、加えて、自信がないというか、自分に対しては長所よりも欠点をみてしまうタイプ。失点や負け試合のたびに『自分がもう少し何かできたんじゃないか』『自分が止めていれば問題がなかったのに』とか、思い込んでいた。たとえ原因がほかにあったとしても、ちょっとしたミスだったとしても、いちいち、打ちひしがれていました」

 そんな楢崎にマザロッピは「もっと自信を持て」と言い続けた。下を向いていたら自信がないように見える。顔を上げて、大声で言葉を発し、皆を鼓舞しろ。そういう姿を見せないと、GKは務まらない、と。

「とにかく、もっといろんな指示を出し、アピールして、存在感を出せ、と言われ続けました。フィールドが一番見えているGKにとって、味方を助けるためのコーチングは重要な仕事の一つ。僕自身もそれはやっていたつもりだったが、当時はまだ若手。先輩たちに気後れして、後ろから指示を出すことが難しかった。『自信がなくても、ハッタリでいいから声を出せ!』『何でもいいからしゃべっとけ!』と、よく言われましたね(笑)」

 その言葉通り、声を出し続けた。チームが攻撃に転じ、自陣でプレーしていない時間も声を上げ、恐らく聞こえていない味方に声をかけ続けた。

「これが良かったですね。たとえ声が自分にしか聞こえていなくても、それが集中力につながった。味方が遠く敵陣でプレーしている間も声を出し続けることで、常に試合に関わっている、常に参加している気持ちが強くなりました。GKにとって、自分を強く見せることは必要な力。自信なさげな人には、チームメートもゴールは任せられないですからね。今ならばそれがよくわかるし、今、目の前に当時の自分がいたら『おまえにはそこが足りないよ』と指導しますよ」

 楢崎は「今の若い選手が羨ましい」という。

「自分が同じ年齢の頃と比べると、今の若い選手たちは、ちゃんと教わってきていることがわかる。長年、プロを続けても取り戻せない部分があるなあと感じます。ただしその半面、似たようなタイプの選手が多いと感じることもある。そこが、サッカーの指導環境が進化しているなかで出てきた、次の課題になると思います」

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集