[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「どこかで正解と気づく瞬間が来る」 不屈の元日本代表GKが福島の子供に伝えた言葉

サッカー元日本代表で現在J2山口でGKコーチを務める土肥洋一氏が16日に福島・いわき市内のいわきFCフィールドで行われた「東北『夢』応援プログラム」に登場。スマートコーチという動画で遠隔指導を行うシステムを通じ、1年間指導した中学生を中心としたGK15人が参加した成果発表が行われた。

元日本代表GKの土肥氏は次代の日本の守護神候補にエールを送った【写真:村上正広】
元日本代表GKの土肥氏は次代の日本の守護神候補にエールを送った【写真:村上正広】

J2山口コーチの土肥洋一氏がいわきで「東北『夢』応援プログラム」に出演

 サッカー元日本代表で現在J2山口でGKコーチを務める土肥洋一氏が16日に福島・いわき市内のいわきFCフィールドで行われた「東北『夢』応援プログラム」に登場。スマートコーチという動画で遠隔指導を行うシステムを通じ、1年間指導した中学生を中心としたGK15人が参加した成果発表が行われた。

 いわきFCの練習場の冬の夜の突き刺さるような寒さを、福島の若きGKたちの元気溢れる声が吹き飛ばした。

 いわきサッカー協会のGK育成プロジェクトと連動する地域密着スタイルを強めて行われた今回の「東北『夢』応援プログラム。04年にJリーグベストイレブンに輝き、日本代表としてワールドカップ(W杯)ドイツ大会に選出されるなど輝かしい実績を残した土肥氏は引退後も数々のGKを育て上げてきた。

「現代サッカーで、GKはフィールドプレーヤーとして同じ仕事を求められる。それでも一番大切なことはシュートを止めること。何事においても基本が大事」

 若きGKたちにこう語りかけた土肥氏が選んだ成果発表の項目は6つ。

 1.キャッチング・正面ゴロ、2.セービングの基本、3.シュートストップ、4.クロスに反応するタイミング、5.クロスに対するポジショニング、6.クロスからのシュートストップ

「この時期に基礎を固めれば、もっと上を目指せると思います。毎日シュートをどれだけ受けられるか。サッカーは11人のスポーツだけど、GKの枠は1つしかない。日々の積み重ねが試合のディテールで明確に出てしまう」

 プログラムではGKとしてのベースアップを目指し、セービングの基本の重要さを再認識してもらいたいというのが狙いだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集