[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブラジルの名SBロベカルがライバルと認めた男 「辛い決断」から築いた日本での名声

「ロベルト・カルロスも言っていたそうだよ。俺とドゥトラが争って、どちらかが次のセレソンでプレーするだろう、って」――ドゥトラ(元横浜F・マリノス)

横浜F・マリノスの黄金時代を支えたドゥトラ【写真:Getty Images】
横浜F・マリノスの黄金時代を支えたドゥトラ【写真:Getty Images】

ブラジル代表史に残る左SBロベルト・カルロスと競ったドゥトラの実力

「ロベルト・カルロスも言っていたそうだよ。俺とドゥトラが争って、どちらかが次のセレソンでプレーするだろう、って」――ドゥトラ(元横浜F・マリノス)

 先月45歳のロベルト・カルロスが来日し、Fリーグ選抜(フットサル)でプレーをしてゴールを決めた。長年ブラジル代表とレアル・マドリードを支えてきた名サイドバック(SB)の左足は健在だった。

 だがロベルト・カルロスのかつてのライバルは、すでに日本で通算9シーズンにわたり活躍してきた。Jリーグで200試合以上のキャリアを重ね、横浜F・マリノスの黄金時代に当時の岡田武史監督から「代えのきかない選手」と全幅の信頼を寄せられていた。

 1994年のアメリカ・ワールドカップ(W杯)で、“王国”ブラジルは24年ぶりに優勝を飾った。当時は左SBとして2人の名手を擁し、レオナルドとブランコが交互にプレーしていた。そして彼らの次の世代を競うのが、ロベルト・カルロスとドゥトラだと言われていたそうである。

「ロベルト・カルロスとは、年齢も近いし、メディアにもよく比較された。実際に友人から聞いた話だけど、ロベルト・カルロス自身も言っていたそうだよ。俺とドゥトラが争って、どちらかが次のセレソン(代表)でプレーするだろう、ってね」

 ただしドゥトラには大きなハンデがあった。リバウド、エジムンド、エバイール、ジーニョ、サンパイオら、錚々たるメンバーとともにパルメイラスの黄金期を満喫するロベルト・カルロスに比べ、ドゥトラが所属するパイサンドゥではチーム力に差があり過ぎた。

 だが1996年には、ついにブラジルの名門サントスとの3年契約が成立。移籍後は、バイーア戦で伝説的な60メートルのロングシュートを決めるなど華々しいパフォーマンスを見せて、欧州の名門クラブからもオファーが殺到したという。

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集