[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブラジルの名SBロベカルがライバルと認めた男 「辛い決断」から築いた日本での名声

セレソンへの夢を諦め、横浜FM黄金期の一員として活躍

「僕は欧州へ行きたかった。でもクラブが相当な金額をふっかけて実現を阻んだ」

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 さらにフランスW杯を翌年に控えた1997年には、監督と衝突し、以後短期のレンタルを繰り返すことになる。やがて欧州からの誘いは減り、結局2001年に横浜FMからの短期レンタルを受けることになった。

「短い貸し出しだから、終わったらブラジルに戻るか、欧州に出ようかと考えていた。でもレンタル期間が終わると、マリノスから『もう1年残ってくれないか』と言われた。正直なところ、辛い決断だった。日本にいたら、たぶんセレソンの監督には見てもらえない。代表で活躍する夢は終わったんだ、と考えるしかなかった」

 しかし、その後の横浜FMでの活躍は周知の通り。ロベルト・カルロスとセレソンのSBを争った実力は、日本のピッチでしっかりと証明された。

(文中敬称略)

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集