[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、織田記念で9秒台の期待大 専門家指摘、「風」と「宿敵欠場」が記録後押し

山縣の欠場が「桐生にとって大きい」…レースを左右する、両者の異なるタイプとは

 さらに、桐生にとって「追い風」となる要素もあるという。ライバルの欠場だ。桐生と並び、9秒台の期待がかけられていた山縣亮太(セイコーホールディングス)が右足首の故障により欠場を発表した。伊藤氏は「山縣君の欠場が桐生君にとって大きいのではないか」と指摘。その理由は、単なる勝ち負けだけにとどまらないとみている。

「選手にはそれぞれタイプがある。まず、山縣君についていえば、彼はどんな状況でも自分の走りができる選手です。誰と走ろうとあまり変わらない。国内でも強いし、五輪の舞台で予選、準決を走ってもあまりタイムが変わらない。これは素晴らしいこと。

 世界大会に出た日本人がレース後に『雰囲気にのまれた』『自分の走りができなかった』というコメントを聞くけど、彼にはほとんど関係ないと言って良い。仮に織田記念に桐生が出て、ケンブリッジが出て、サニブラウンが出ても、同じようなタイムで走れる、自分の走りに徹し貫けるタイプ。そこに競技場のいい条件が加われば、今の彼なら9秒台が出せる可能性はかなり高いとみていました」

 では、桐生はどういうタイプなのか。

「桐生君は高3で10秒01を出しているけど、当時の走り方とは今は変わっているように見える。発揮するパワーは上がっているように見受けられますが、接地の際の身体の乗り方が変わり、パワーが上に抜け気味で、全部の力が推進力になりきれていないように見えます。これがどう影響を及ぼすかというと、力めば力むほど、上体が起き上がってしまう。

 特に、短距離ランナーは誰かが視界に入って気にすると、接地の瞬間に力を入れて、うまく跳ね返って空中へ抜けていくという、走りのサイクルが崩れ始める。さらに頑張ろうとして、力を入れるタイミングがずれたり、力を入れる時間が長くなったりする。桐生君の場合、山縣君との対戦成績も分が悪く、影響を受ける部分があったと思います」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集