[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【パンパシ水泳】「これでダメなら…」から執念の代表入り 26歳・清水咲子が奮い立つ理由とは

「萩野と瀬戸みたいに…」狙うは大橋とのワンツーフィニッシュ

 理想は2人での上位争い。そのためには自分が、と燃えている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

「萩野公介と瀬戸大也みたいに、女子も2人でワンツーとれたり、2人が期待されるようになれたら、見ている側も面白いと思うので、私がついていってベストを更新しないと面白くならないなって。私がしっかりしないといけないなと思いました」

 練習量では大橋に負けていないと語る清水。目標とするタイムは、自己ベストを約2秒更新する4分32秒台だ。そのタイムが出せれば、メダルは十分に射程圏に入ってくる。

「悠依ちゃんが(4分)30秒台までいったので、32秒台は決して速いというタイムではない。私の中で速いと思ってしまっているだけで、そこの意識改革をして取り組まないといけない。練習では32秒台を想定してやっている。あとは私が本番で出せるかどうかというところだと思います」

 現在は4つの泳法をしっかり高いレベルで泳げるように効率よいストロークと、呼吸法を確認している。その歯車がかみ合えば、まだまだタイムは伸びると確信している。

 チームジャパンとして臨む、パンパシへ向けて、後輩たちへメッセージを伝えつつ、自らの意気込みも語った。

「いつも通りが一番大事になる。一番簡単そうで一番できなかったりすることなので、それを一番後輩たちに伝えたいです。今回は悠依ちゃんとワンツーフィニッシュできるように、私が足を引っ張らないように頑張りたいです」

(明日5日の第18回は瀬戸大也が登場)

◇パンパシ水泳、テレビ朝日系列で連日中継 パンパシ水泳は8月9日に開幕し、テレビ朝日系列では最終日まで4夜連続ゴールデンタイムで放送(9、10日は一部地域除く)。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集